グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入試情報  > 2018年度 高校入試情報

2018年度 高校入試情報

2018年度入試の重要ポイント

 本校は2025年度まで臨時定員増が継続認可されていますので、2018年度高校1年生については、併設中学校からの連絡進学生と合わせて300名弱の募集となります。

 2017年度入試より後期試験は廃止となり、2018年度も入試は前期の二回のみとなります。

 入試教科については昨年同様、従来の3教科(国数英)試験に加え、グローバル・サイエンスクラスを強く意識した5教科(国数英理社)試験を実施します。グローバル・サイエンスクラスは3教科入試・5教科入試のいずれでも合格する可能性はありますが、5教科入試の方がグローバル・サイエンスクラスに合格するチャンスが多いのが特徴です。

 英語については今年より試験にリスニングが含まれます。また、実用英語技能検定2級(CEFR B1)以上の資格を持つ受験生は、出願時に申請することで優遇措置(当日の試験を受けることを前提に、100点満点相当の学力を有すると見なす)を受けることができます。

 出願時の入試区分は3教科であれば「第一志望」「併願1(グローバル・サイエンスクラス合格、ジェネラルラーニングクラス合格ともに延納可)」の2種類、5教科であれば「第一志望」「併願1(グローバル・サイエンスクラス合格、ジェネラルラーニングクラス合格ともに延納可)」「併願2(グローバル・サイエンスクラス合格なら入学、ジェネラルラーニングクラス合格なら延納可)」の3種類から選択します。また、すべての入試区分において帰国生徒の募集も行います。

 「第一志望」で出願された場合は合格判定の際にボーダーで優遇します。ただし、「第一志望」受験者が合格した場合は、入学手続時の延納は認められません。

 出願はすべてインターネット経由で受け付けますので、「紙の願書」はありません。ただし、「調査書」(全員)・「海外在留証明書」(帰国生徒のみ)・「英語検定等の証明書」(英語資格優遇制度利用者のみ)は本校に郵送いただくことになります。なお、受験票はインターネットによる出願手続(登録+受験料支払)完了後に各自でプリンターから出力していただきますので、本校からは送付しません。

 インターネットによる出願について、「ユーザーID登録」は2017年10月1日(日)より、「出願準備登録」は2017年11月20日(月)より、「出願登録」は2017年12月17日(日)よりそれぞれ可能となります。

→それぞれの登録期間中にこのページの下方にある「芝浦工業大学柏高等学校 2018年度インターネット出願 入口」の「☆芝浦工業大学柏高等学校のネット出願へようこそ☆」より専用ページにアクセスしてください。


このページの目次


2018年度入試

本校の入試はすべてインターネット経由での出願となっています。9月以降の説明会で「2018年度生徒募集要項ダイジェスト版」を配布し、出願手続について詳しく説明していますが、紙媒体の「願書」や「要項」はありません。

2018年度(平成30年度)入学試験の詳細については、以下に掲出する「2018年度(平成30年度)生徒募集要項」(完全版)を、各自ダウンロードのうえ確認していただきますよう、お願い申し上げます。

芝浦工業大学柏高等学校 2018年度 インターネット出願 入口

☆芝浦工業大学柏高等学校のネット出願へようこそ☆←受付期間は下記でご確認ください。

 *「ユーザー登録」は2017年10月1日(日)からできます。
 *「出願準備登録」は2017年11月20日(月)からできます。
 *「出願登録」は、2017年12月17日(日)〔=出願受付開始日〕から可能となります。
  ■前期(第1回・第2回)試験出願期間:2017年12月17日(日)~2018年1月12日(金)
  ■後期試験は実施しません。

前期入試

試験日程試験教科
  • 前期第1回…1月18日(木)

  • 前期第2回…1月19日(金)

計 約120名募集(帰国生徒若干名を含む)
【3教科】国語・数学・英語 各50分100点(合計300点満点)
【5教科】国語・数学・英語・理科・社会 各50分100点(合計500点満点)
※英語はリスニングを含む。

  • 試験の教科数(3教科または5教科)を選択します。
  • 試験の区分について3教科であれば「第一志望」「併願1(グローバル・サイエンスクラス合格、ジェネラルラーニングクラス合格ともに延納可)」の2種類、5教科であれば「第一志望」「併願1(グローバル・サイエンスクラス合格、ジェネラルラーニングクラス合格ともに延納可)」「併願2(グローバル・サイエンスクラス合格なら入学、ジェネラルラーニングクラス合格なら延納可)」の3種類から選択します。
  • 「第一志望」の受験者については、ジェネラルラーニングクラスの合格判定に際して大きく優遇します。グローバル・サイエンスクラスの合格判定ではボーダーで若干の優遇があります。いずれのクラスについても合格した際は入学手続時の延納が認められません。
  • 「併願1」については、合格クラスの如何にかかわらず、各自の併願(第一志望)校の発表日まで延納できます。
  • 「併願2」については、グローバル・サイエンスクラスの合格判定においてボーダーで若干の優遇がありますが、グローバル・サイエンスクラスに合格した場合は延納が認められません(ジェネラルラーニングクラスクラス合格の場合は延納可)。
  • 「第一志望」受験者にはグループ面接を行います。
  • 出願区分の如何にかかわらず、「帰国生徒」として出願された場合は、個別面接を課します。なお個別面接を受けた場合、グループ面接が必要な区分で出願していたとしても、グループ面接は課しません。
  • 英語の試験に関して、出願時に実用英語技能検定2級(CEFR B1)以上の成績を提示した者については、当日の試験を受験することを前提に優遇措置として100点満点同等の学力を有すると見なします。実用英語技能検定以外の資格については、出願前に本校までお問い合わせください。

得スル情報

  • 試験日は出願する際に「前期第1回のみ」「前期第2回のみ」「前期第1回・第2回両方」のいずれかを選択します。合格発表は二回併せた結果で行い、両方受験された場合は得点の高い回の結果を合格判定で使用します。
  • 受験料は各回一回の出願で22,000円。両方に同時出願すると割引制度が適用され32,000円となりますので、受験する可能性が少しでもある場合は同時出願されることをお勧めします。
  • 試験はマーク式で行います。
  • 判定はほとんど当日の試験の点数で行っています。調査書の得点も若干加算しますが、非常に小さな割合です。
  • 「第一志望」受験者は、ジェネラルラーニングクラスの合格判定でボーダーラインが20点程度下がります(ただし、グローバル・サイエンスクラスの合格判定ではボーダーでの若干の優遇となります)。あくまでも本校が第一志望の生徒は「第一志望」で出願してください(なお、入学手続時の延納はできません)。
  • 入試成績優秀入学者に対しては、入学後に特別奨学生として入学金相当額の奨学金を給付します。
  • 9月以降の説明会では各教科の出題傾向等も説明していきますので、ぜひ参加してください。自信を持って試験に臨めます。

後期入試

  • 設定なし。