既卒生の推薦入試受験について

推薦入試を受ける方へ

既卒生の方が、AO・公募などの推薦入試を受ける場合の手順です。

公募推薦・学校長の推薦が必要なAO入試などについて

 既卒生で、公募推薦、学校長の推薦が必要なAO入試、あるいは学校内で選考・選抜が必要な入試に出願する場合、以下の通りの手続きを必要とします。

1 卒業時の担任、または学年主任など、原則として卒業時の担任団の教員に連絡をとり、出願の意思、および出願要件を伝える。
2 指定用紙をWeb上よりダウンロードするか、学校に来て受け取り、期限内に事務室または卒業時の担任団に提出する。
3 卒業時の学年団と連絡をとり、募集要項のコピーなどを提出する。
4 推薦書の用紙など、学校が作成する書類を提出する

2~4について、郵送でも構わないが、提出や受け取りに際してトラブルのないよう、事前に受け取る教員(封書の宛先)などを含め、きちんと連絡をとること。

指定用紙(推薦依願書)

提出期限

・9月15日とする。この期限を過ぎた場合、期限内に提出のあった者の中で選考を行い、該当者がなかった場合のみ、期限を過ぎての提出を認める。
・この期限より、出願が早い場合、原則として出願期限の1ヶ月前に提出を完了すること。
・この期限を過ぎて出願することになった場合、必ず卒業時の担任団の教員に連絡をとり、手続きに要する期日や提出日を確認すること。

校内選考、推薦可否の伝達

書類を提出した教員を通じて連絡します。

調査書や推薦書の受け取りなど

上記の手続きに加えて、事務室を通じて所定の手続きをふみ、申し込むこと。受け取りについては、調査書や推薦書の申込時に事務室に伝達し、特に受け取りに来られない場合、所定の手続きをふんでください。