6年間の流れ

HOP(中学1年・中学2年)

グローバル・サイエンスクラス・一般クラス

学習のスキルや分析力・計画力・実践力を身に付けながら、こまめな小テストや模擬試験などを通じて基礎学力の定着を図ります。基礎の定着が図れない生徒には補習やWeb教材を用いた学習指導を行います。様々な経験を重ね、課題研究やプレゼンテーションから自分の夢をみつけていきます。

STEP(中学3年・高校1年)

中学3年時 クラス入れ替え

高校1年時 グローバル・サイエンスクラス・ジェネラルラーニングクラス

夢を目標という形に変えていきます。年数回行われる試験を通して、連絡進学指導が行われます。GMARCHレベルの合格力を持つまで、面接や学習計画指導、補習を通して、基礎学力を定着していきます。

高校に入学すると、高校からの入学生を迎えますが、進度がずれていますので、別クラスの編成となります。志望に合わせてグローバル・サイエンスクラスジェネラルラーニングクラスに分かれます。

JUMP(高校2年・高校3年)

グローバル・サイエンスクラス・ジェネラルラーニングクラス

進路に合わせたカリキュラム選択

目標を実現する段階として、受験指導が本格化します。高校2年次からはジェネラルラーニングクラスが、文系(世界史・地理選択と世界史・日本史選択の2コース)・理系(物理・化学選択と生物・化学選択の2コース)の計4コースとなります。数学などは高校からの入学者とは別クラスで授業を行い、一部の科目では習熟度で授業を行います。グローバル・サイエンスコースは、原則として文系と理系の2コースです。

高校3年次ではさらに私立、国立などの細かいコース制となります。東大などの最難関志望者コースが、グローバル・サイエンスクラスとなります。