新聞の活用(NIE) 1.29/05

現代社会(高1)において

 今日のビッグニュース

  週2回の授業で、毎回一人ずつ生徒が2分間で新聞記事の報告をします。
   時事問題に関心を持たせること、スピーチの訓練、資料要約と意見を書く訓練を兼ねます。
   その準備のための、シートと書き方です。   PDFはここ(Ver.3.2ですので、学校配付のものより進化)
  @この記事をとりあげた理由、A事件の内容要約、B事件についての感想・意見をまとめます。
   記事の文章をほとんど変えずに、数か所写したものを適当につなげる形の、要約をさせないことが目標です。
  ポイントは、
   (1)見出しが3つくらいある、自分が理解できる重要な記事を選ぶこと。
   (2)見出しを使って骨子をおさえ、記事に含まれている情報を5W1Hの要素ごとに集めること。
   (3)その上で、背景や因果関係に関する情報をも含めて、全体の情報をわかりやすく整理すること。
   (4)二つの視点をたてて、要約をふまえて情報を整理して、自分の意見をまとめること。

      

 現社通信

  授業に関連づけながら、新聞記事を読む練習をかねて、2−3週に一度ずつ発行しています。
   B5版くらいの大きさで、記事をそのままコピーします。そこにはほんのわずかなコメントを書くのみ。
  生徒が2−3分で黙読した後、口頭で少しコメントを加えるだけです。
   今日のビッグニュースでは、各クラスばらばらになるので、どうしても取り上げたいニュースを扱います。
  実際の通信です。2004年度通信

 授業の補足プリント





SSジャーナル(進路部からのプリント)