安楽死法制化ディベートのHP紹介

安楽死関連のHPも比較的に多いので、
オランダの現状などを見て考えてください。

安楽死と尊厳ある死
インデックス 尊厳死と安楽死の概念と区分
積極的安楽死と消極的安楽死をめぐって
〈緩和死〉の導入と区分
安楽死が倫理的に正当化される条件
果たして安楽死が倫理的に正当化される場面があるか
など詳細な説明あり

安楽死か尊厳死か
坂井昭宏編『安楽死か尊厳死か』北海道大学図書刊行会
1 安楽死、尊厳死の新しい動向 最近
マスコミで話題になった安楽死事件

death with dignity
立岩「都合のよい死・屈辱 による死 ─「安楽死」について─」
「そんなので決めないでくれ」と言 う ―死の自己決定、代理決定について─」

安楽死と尊厳死
安楽死と尊厳死 何故、私がこのテーマを選んだのか
 何度も繰り返した入院生活。(人工呼吸器をつけた経験)
そんな中で、「生きたい」「生きるんだ」と言いつつ考えたもの

安楽死
安楽死 京都府京北町の国保京北病院で起きた“安楽死”事件。
終末医療に様々な問いを投げかけたが、安楽死や尊厳死などの用語が
きちんと整理されないで使われ、一般の人だけでなく
医療側でも混乱が生じている。
安楽死と尊厳死の違いは何か、また、違法とされるのはどんな場合かをまとめた。

hospis care
「緩和ケアと安楽死」 山陰緩和ケア
(ホスピスケア)セミナー全文
プレゼンテーションになっていて分かりやすい

田村亜子「「死の権利」の現状について──日本、オランダ、アメリカの比較...
指導教員橋本秀和 愛知県立看護大学 1999年提出→2000 [抄録]

オランダ社会と安楽死

deb script 98 A division
第四回JDA日本語ディベート大会B部門 決勝戦記録

五十子敬子HTML
自己決定権をめぐって ―終末期の生命倫理―
五十子敬子 国士舘大学

オランダの安楽死問題−要請なしの生命終焉行為

Untitled 
安楽死と尊厳死について

書物

  1. 『安楽死が分かる本』戸梶雄一、東洋出版、1997年