d)「イラク戦争、是か非か」  是のHPが少ないねえ

イラク戦争で考える「戦争という最後の手段」
幸之介の@, 2003年3月26日掲載 イラク戦争で考える「戦争という最後の手段」. ... イラク戦争で考える「戦争という最後の手段」.イラクの民主化、テロの危険、大量破壊兵器の危険など ...

イラク戦争の大義
 フセインは、大量破壊兵器の廃棄を求める国連諸決議を、繰り返し無視してきた。大量破壊兵器が存在しないことの立証責任も、果たそうとしなかった。  こうした状況から、世界中が、イラクは大量破壊兵器を保有している、と考えたのも当然である。 ブレア英首相は、「フセインに兵器開発の意図があり、国連決議に従うつもりがなかったことも明らかになった」と強調した。軍事的制裁なしには根本的解決はなかったとの認識を示したものだ。

イラク人は米軍が出ていくのを待っている

イラクの大量破壊兵器計画
... 国連安保理決議687で定められた射程距離制限150キロを上回る弾道ミサイル能力を開発した。イラクは1980年代、ソ連から射程距離300キロのスカッドBミサイル819基を購入した。このうち数百基が、イラン・イラク戦争の際に ...

2003年イラク侵略開始まで(年表)

〜イラク戦争(8)〜フランスはなぜ最後まで反対したのか
 フランスが最後まで反対の立場を取ることができたのは、ソ連消滅により安全保障上米国を必要としなくなったからだ。それにしても、なぜ最後まで反対を貫いたのか、疑問は残る。
 大量に保有していると噂される対イラク債権のためか。アラブ・テロリストから免罪符をもらいたかったからか。それとも今後の世界運営で、多極主義の構造を求め、米国の一極主義的行動に歯止めをかけたかったからか。そうであるとすれば、失敗したことになる。

イラク戦争被害の記録
イラク戦争被害の記録. 1.私たちは一昨年のブッシュによる対アフガン侵略を告発するために「アフガン被害報道日誌」を付けました。ブッシュの新たな対イラク侵略に際して、今回も被害実態を明らかにすべく ...

アメリカイラク戦争について
.. 今回のアメリカの行動に反対するというのは、フセイン独裁の支持です。それは、そのまま人権の圧殺された社会の是認ということになります。それがわかっていて、アメリカに反対するのでしょうか? そして ... 私は結果的にイラクのひとたちが人間の尊厳を取り戻せる道が開けたことが大事なのだと思います。

シバレイのイラク日記 シナプス
... だからフセイン政権の崩壊を心から喜んでおり、今回のイラク戦争や占領すら支持しているという。 全く、同じ日に、アメリカに対してへとフセイン独裁に対してへの怒りの ...