クローン人間を認めるべきである

クローン技術の現状と社会  (概観)
内容:特 集 論 文 5 医療 クローン技術の現状と社会 最相葉月 (ノンフィクションライター) ◆高等動物のクローン ドリーは二十世紀末の私たちに何を投げかけたのか 97年2月27日発売の英科学誌 『ネイチャー』 で衝撃的なデビューをして二年半 いまやすっかりアイドル的存在となった世界初の体細胞クローン羊
http://www.gpc.pref.gifu.jp/infomag/gifu/100/5-saishou.html

進化研究と社会:クローン/遺伝子操作    (クローン問題総合サイト)
内容:index:ほかの項目一覧へ 進化心理学/人間行動生態学 進化研究と社会:
参考用語集 「クローン」って何? 「遺伝子組み替え」や「遺伝子操作」とどう違うの?
毎日新聞 <クローン赤ちゃんの賛否ウェブ投票 クローン は、自然に子供になる細胞(生殖細胞:精子や卵子)ではない部分の細胞の「遺伝子のセットを
http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/genetic_clone.html

< ヒトに関するクローン技術の規正法について >  (提案段階の規制法案説明)
内容:(1)背景 平成9年2月のイギリスにおいて、クローン羊ドリーの誕生以後、デンバーサミットでは人のクローン固体の産生を禁止するために各国が適切なそれぞれの措置をとることを謳っています。 これを受け、我国において科学技術会議の生命倫理委員会を
http://www.yamabikonet.gr.jp/EX/kokkai194.htm

文教・科学委員会  (規制法の成立)
内容:文教・科学委員会 (1) 審議概観 第150回国会において本委員会に付託された法律案は、内閣提出2件(うち本院先議1件) であり、いずれも可決した。 また、本委員会付託の請願9種類64件のうち、2種類3件を採択した。
ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律案の成立経過が分かる。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/ayumi/zenkai/150/1504106.htm

学会ガイドライン
日本不妊学会の反対の見解が分かる。)
内容:学会ガイドライン ガイドラインインデックスへ戻る 2001.6.15 倫理委員会報告 倫理委員会では「ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律」が制定される過程で,平成12年6月27日第41回倫理委員会において「クローンに関するワーキンググループ」を設置することを決定して,下記の項目について検討してきた  
http://www.jsfs.or.jp/funin/guideline/saishin.html

インデックス(講談社)
■ 第三部 クローンと不老不死編(全3回)
クローン…「時間差の一卵性双生児」たちが生まれる日! ―― 8月30日掲載
世界はクローンを望んでいるのか ―― 9月6日掲載
クローン技術の規制は誰のために ―― 9月13日掲載
■ 第四部 生殖医療と倫理編(全3回)
「ヒトをつくる!」――不妊治療の「暴走」 ―― 11月22日掲載
受精卵のゆくえ
    ――出生前診断、着床前診断はヒトの選別か ―― 11月29日掲載
遺伝子操作は「優生学」の再来なのか
    ――ジェネティック・エンハンスメントの時代に ―― 12月6日掲載
http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/genome/indexes/index.html

世界初のヒトクローニング会社 (クローンエイド)
(クローン人間作りを目指している新興宗教団体「ラエリアン・ムーブメント」(本部・ジュネーブ)と関連する企業「クローンエイド」は10日、東京で開かれている国際バイオEXPOの会場で、計画の進展状況を報道陣に説明した。この中で、同社のトマス・カエンジグ副社長は、これまでに、クローン技術を利用して100〜150細胞に育ったヒトクローン胚(はい)=胚盤胞=を多数作った、と説明した。 )
世界初のヒトクローニング会社クローンエイド? は、7月10日から12日に東京で開かれる第一回国際バイオEXPO(BIO EXPO JAPAN)においてヒトクローニングの結果をいくつか公開する予定です。我々の科学チームによって開発された革命的な細胞融合装置と同様に、自社独自のクローニング方法の結果を一部紹介いたします。
http://www.rael.org/int/japanese/extra/clonaid/japanese/pages/home.html

イギリスでヒト・クローン研究に規制緩和の ...
内容:... 胚を作り出し、その胚の細胞を使用して新しい組織を培養する。
生み出された組織は患者自身の組織と遺伝的にまったく同一であるため、拒絶反応が起きる危険性を排除できる。 ドナルドソン氏は、ヒト・クローン胚を
...英国での反対論が分かる。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20000822307.html

倫理原則を備えた法的な規制の試み  (最も厳しいフランスの規制の考え方)
内容:... この法律が扱おうとする対象が、例えば受精卵遺伝子診断の技術向上やES細胞のためのヒト・ クローン胚作成、もしくはその観察研究の要請などといった、極めて技術的な変化に晒された領域であるという認
フランスは、先端医療技術を規制していく際に、「人体は不可侵」であり「何人も自己の身体を尊重される権利を有する」といった根本的な〈倫理的原則〉を、自らの法の「土台(socle)」として築き挙げ、そのうえで、人の臓器や骨、関節、皮膚、胎盤などの組織、細胞、血液、遺伝子、配偶子、受精卵の扱いを一括して規制することができるような法律を立ち上げた。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ1/nishimura.html

ヒト胚性幹細胞を中心としたヒト胚研究に関する基本的考え方  
 (詳細な議論の報告、クローン人間そのものについては詳しくない。
関連研究のヒト胚をどう扱うべきかの議論である)
内容:ヒト胚性幹細胞を中心としたヒト胚研究に関する 基本的考え方 平成12年3月6日 科学技術会議生命倫理委員会 ヒト胚研究小委員会 目 次 はじめに 第1章 ヒト.
ヒト胚はヒトの生命の萌芽としての意味を持ち、ヒトの他の細胞とは異なり、倫理的に尊重されるべきであり、慎重に取り扱わなければならないと考えられる。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/hitkihon.htm

発表原稿(ヒト胚研究をめぐる倫理的諸問題−最近の問題を中心に−)
ヒト胚の余剰を使うことが許されるかどうかを論じている)
内容:[バイオエシックス懇話会 2001/9/14] 中澤 務(北大大学院文学研究科哲学講座)
ヒト胚研究の倫理.. URL:
http://www.cc.hokudai.ac.jp/~k15696/home/nakazawa/genkouC6.htm