学校長  菅沢  茂 
 新しい文化の創造を目指して勉強しよう
 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとう。保護者の皆様、本日はまことにおめでとうございます。本校は、芝浦工業大学の歴史と伝統を踏まえ、新しい高等学校教育の創造をめざして昭和55年にこの柏市増尾の地に設立されました。 平成2年には男女共学とし、平成11年には中学校を開設して今日に至りました。これまで本校は、2千名を超える優秀な卒業生を高等学校に送り出してきましたが、今日から皆さんもその仲間に入るわけです。
 本校の建学の精神「創造性の開発と個性の発揮」は、創立当初からの一貫した校是であり、このモットーにはぐくまれた校風の中で、皆さんが身をもって自主独立の気概と創造的な精神を培ってきたことに、心から敬意を表するものです。創造性の開発とは、一人ひとりが今もっている自分のよさを最大限に生かし、この世界に新しい文化を創り出し貢献することです。この建学の精神は、卒業後もきっと皆さんの宝物となるに違いありません。
 さて、我が国では2011年に起きた3.11の巨大地震と津波による自然災害が、福島第一原子力発電所の大事故を招き、その後の計画停電や放射能汚染、経済不況など、長期にわたり私たちの日常生活に暗い影を落としました。東北被災地への支援活動は国境を越えて行われ、現在も続いていますが、この冬の大雪の中で被災地の皆様のご苦労が思い遣られます。一刻も早くわが国から原発事故が断ち切られ、災害復興が実を結ぶよう祈ってやみません。
 現代の生活で使うエネルギーの多くは、石油産業の上に成り立っています。しかし、東日本大震災後の世界では、核燃料の安全性や様々なエネルギーの経済性や合理性などが議論され、これまでの石油や石炭などの化石燃料や原子力に依存した産業基盤の見直しが行われるようになりました。その結果、ヨーロッパの潮流は、すでに太陽光・太陽熱、中小の水力、風力、生物資源、地熱など自然現象の中で更新される再生可能エネルギーに転換されようとしています。さらに、国の政策についても市民が各地で積極的にかかわり、地域の特性に合わせて、地域分散型のクリーンな自然エネルギーを自由に選択し構築する仕組みが模索され始めました。
 一方国連は、2012年を「すべての人のための持続可能エネルギーの国際年」International Year of Sustainable Energy for Allとし、さらに2014年から10年間この活動を拡大することを決めています。経済的に貧しい国に暮らす約30億人もの人々が、生活に必要な熱源を薪や炭などの伝統的な生物燃料に頼っていることや、いまだ数億人の人々が電気を利用できないでいることを指摘し、永続的に利用のできる新たなエネルギーの開発を求めています。
 21世紀の今日、地球規模の課題は山積する一方ですが、特に、国際社会はよりクリーンな技術を開発するとともに、枯渇したり環境を汚染したりすることのない、すべての人が受容できるエネルギー資源を確保することが必要になっています。人類がこれまで数万年掛けて築き上げてきた生活様式を持続発展させるため、このかけがえのない惑星、地球を我々自身が守っていかなければなりません。次世代を担う皆さんが世界の若者と連帯し、社会貢献に役立とうとする強い意志をもってほしいと思います。
 皆さんが高校生になったら、自分は将来どんな分野で、どんな仕事を通して地球を支えていくのかという意識のもとに、新しい文化の創造を目指し勉強してほしいと願っています。そのためには今以上にテレビやパソコン、携帯電話にかける時間を制限し、十分な睡眠時間をとり、基本となる予習、復習はもちろんのこと、家の手伝いもしっかりおこなってください。
 最後になりましたが、PTA関係者の皆様、同窓会、後援会の皆様のほか、本日ご列席いただきましたご来賓の皆様には、ご多忙のところ卒業生のためにお越しくださいまして誠にありがとうございます。今後とも本校発展のために、お力添えくださいますようお願い申し上げます。卒業生の皆さん、健康に留意して、かけがえのない人生に全力を投入してください。健闘を祈ります。