学校長  菅沢  茂 
 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとう。保護者の皆様、本日はまことにおめでとうございます。本校は芝浦工業大学の歴史と伝統を踏まえ、新しい高等学校教育の創造をめざして昭和55年、この柏市増尾の地に設立されました。平成2年には男女共学とし、平成11年には中学校を開設して今日に至りました。これまで本校は、1千9百名を超える優秀な卒業生を高等学校に送り出してきましたが、今日から皆さんもその仲間に入るわけです。
 本校の建学の精神「創造性の開発と個性の発揮」は、創立当初からの一貫した校是であり、このモットーにはぐくまれた学校風土の中で、皆さんが身をもって自主独立の気概と創造的な精神を培ってきたことに、心から敬意を表するものです。創造性の開発とは、一人一人が今もっている自分のよさを最大限に生かし、この世界に新しい文化を創り出し貢献することです。この建学の精神は、卒業後もきっと皆さんの宝物となるに違いありません。
 卒業式は新たな始まりのときです。中学校での話は最後となりますので、皆さんの高等学校への進学に際して、はなむけにお祝いの言葉を贈りたいと思います。
 一つは、「自らの内なる声をもつ」ということです。内なる声とは、心の中に怠惰な気持ちが兆した時に、そういうことではいけないと厳しく問い掛ける戒めの声です。また、よからぬ誘いを受けた時、毅然として断る勇気を与えてくれる励ましの声です。それは自らの正邪、善悪の価値の基準であり、行動の規範であり、良心と言うべきものです。
 現在放映しているNHK大河ドラマの主人公新島八重の生きざまには、人を恐れず、気後れせず、動じることのない昔日の武士の姿を垣間見るような思いがします。幕末から明治・大正・昭和にかけて生き抜いた稀に見る強い良心をもった女性でした。
 もう一つは、「常識を身に付ける」ということです。職業や思想、信条の別にかかわらず、社会人として不可欠な良識を持つことです。昨年皆さんは衆議院選挙に先立ち、本校恒例の模擬投票で政党選びをしました。本物の政治家を選び育て、国民の生活を豊かにするために投票が必要です。また、近所の人に道で会ったらあいさつする。困った人を見たら助けてあげるなど、ごく身近な常識も大切です。
 ふたつの世界的大企業「京セラ」と「KDDI」を創業した稲盛和夫さんは、人生の目的すなわち人間が生きている意味を「心を高めること」「魂を磨くこと」だと語っています。そして現在もなお日本航空の再建に尽力しています。皆さんはこれからどのようにして自分の常識をつくりあげていくのか、稲盛さんの魂の声に学んでほしいと思います。
 さてこれから、ご両親、友人、先生方とよく話し合い、本や新聞をじっくりと読んでください。学習の手引きにある「芝柏の80冊」も重要です。その中から必ず自分の進むべき道が見えてくるでしょう。いろいろなものの考え方ができれば、自他を思いやる心のゆとりや優しさが生まれ、これが良識にもつながります。皆さんが高校生になったら、自分は将来どんな分野で、どのような職業を通して自己実現を果たしていくのかという意識をもって、新しい価値の創造をめざし勉強してほしいと願っています。そのためテレビや携帯電話、ゲームに費やす時間を制限し、予習復習を怠らず家の手伝いも毎日おこなってください。
 最後になりましたが、PTA関係者の皆様、同窓会、後援会の皆様のほか、本日ご列席いただきましたご来賓の皆様には、ご多忙のところ卒業生のためにお越しくださいまして誠にありがとうございます。今後とも本校発展のために、お力添えくださいますようお願い申し上げます。
 卒業生の皆さん、健康に留意して、それぞれの人生に全力を投入してください。健闘を祈ります。