副校長  久保田 剛司
 「どんな時も人生には意味がある…」辛いとき、人は「なぜ自分だけが…」と自らの不運を嘆きます。しかし、後から振り返れば、それには必ず意味があります。「どこかに、あなたになされるのを待っている何かがある。あなたを必要としている誰かがいる。あなたはその人のためにできることがある。」
 一度きりの人生です。一所懸命生きてください。
教頭  杉浦 正和
 3年、6年の間芝柏的に成長して巣立つみなさん、いま一つの壁を超えて新しいステージに立ちます。自分の生き方や存在価値を獲得する時期、社会で活躍し始める年齢です。次々と訪れる人生の選択を通して、自分らしさを築きあげるのは皆さん自身です。思い出を胸に、社会の動きをしっかりつかみながら、悔いのない人生を生き抜いてください。卒業おめでとう!
学年主任/1·5組副担任  三輪 剛史
  ここまで18年間、様々な場面でかかわっていただいた方々に、いろいろな感性や助言を与えていただいたことを思い出してください。これからの将来は、アドバイスを受けにくいかもしれません。だからこそ、感謝の気持ちを忘れず、自分で自身を成長させていくことを望んでいます。
1組担任  中村  圭
 この3年間、皆は色々な人と出会い支えられ、今日を迎えたことと思います。まず、この周りの人々に感謝しましょう。さて、皆は明日から一人ひとり別々の道を歩むことになります。新しい出会いがあることでしょう。今後誰に出会うかであなたの人生が変わります。あなたを高めてくれる素敵な人に出会えることを願っています。
2組担任  増本 正三
 時は無限のつながりで終わりを思いもしないね。そう、卒業のこの時をむかえるなんてあの時は思いもしなかったかもしれませんね。でも、アキレスが亀を追い越したように、卒業の時を通過していくのですね。ご卒業おめでとうございます。大人の階段をのぼったその先に、みなさんそれぞれの幸せがありますように。
3組担任  辻 奈美恵
 一生懸命やっていても躓くことがあるかもしれませんが、それでも進んでみよう。一番の失敗は何もしないこと。夢をつかむチャンスが訪れた時に、その機会を逃さないために、準備をしていこう。
 「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」です。みなさんの活躍を祈っています。
4組担任  福田  允
 人生は、いくつかの重要な局面の連続によって成り立つものだと思う。そして、各局面、“大局的”な視野に立つべきだと思う。と偉そうに書いているが、まだ道半ば。皆さん、今日、芝柏を旅立ち、それぞれの道に進むが、これからは同じ“大人”として、より豊かな人生を歩んでいこう。君たちの活躍を心から願っております。
5組担任  小林 菜々
 君たちと共に過ごした日々は、私の財産です。たくさんの笑顔をありがとう。君たちの「守られてきた日々」は今日でおしまいです。望みを捨てなかった者にのみ、人生の道は拓けます。幸せというものは、そこに「ある」ものではなく、「自分で積み重ねていくもの」だと私は思います。君たちが幸せな人生を歩めるよう、心より願っています。
6組担任  山崎 奈々
 みなさん、卒業おめでとうございます。
 芝柏での思い出を胸に、誇りと自信をもって旅立ってください。柏から日本、日本から世界へ、たくさんの旅をしてください。経験があなたの視野を広げ、力となります。みなさんのこれからの人生が素晴らしいものになりますように。
7組担任  佐藤 修二
 卒業おめでとう。多くの人に助けられ、この日を迎えられたことをあらためて認識し、感謝の心を忘れないでください。人に感謝できる人は、今後も多くの人の手助けをもらえます。また、人に助けの手を差し伸べられる人になれるよう意識してください。みなさんはとても素晴らしい人たちでした。今後も人を大事にし、活躍してください。
2・6組副担任  早川 千春
  学ぶことは自らの世界を広げることです。世界は同じ大きさではなく、自らの学びにしたがって大きくなります。
 大きな世界での活躍を期待しています。
3・4組副担任  安田 勅男
 ご卒業おめでとう。2017年は多くの人にとって、波乱の年の始まりになりそうです。昨今価値観が多様化している筈なのに、単一の価値を押し付ける風潮が蔓延している。この様な時にこそ自分の価値観や考え方の基軸をしっかり持っておくことが大切と思います。
 未来は皆さんの双肩にかかっています。
7組副担任  松本 照子
 卒業おめでとうございます。私は一年のお付き合いで、しかも5月からでしたから馴染みのないおばさんに見えたことでしょう。皆さんは真面目な人が多いという印象です。それが自由な発想や行動を制限することのないよう、自分が正しいと思ったことは結果や失敗を恐れずに挑戦していって下さい。
1年次担任  江森  清
  卒業おめでとうございます。当時、気の抜けない、大変な時間を過ごした思い出があります。教員としても多くの事を、勉強いたしました。皆には特に学ぶための基本を良く、言った思い出があります。大学、社会に入っても基本は同じです。頑張ってください。
1・2年次副担任  高杉 峯樹
 卒業おめでとうございます。
 立派な大人になってください。
2年次副担任  相馬  融
 卒業おめでとう!そして共に過ごした楽しい日々をありがとう!自分もまた自然の中に生きる、一介の生物であるということを忘れずに、たくましくそして優しく生きていってください。
 ご活躍をお祈りします。
2年次副担任  菅又 雄太郎
 卒業おめでとうございます。私も10年前に高校を卒業しました。高校時代の友達は一生の友達。先生たちも一生皆さんの先生です。今後も皆さんを応援しています。芝柏が母校であることに誇りを持ち頑張ってください。
2年次副担任  下西 淳仁
 35期生のみなさん、卒業おめでとうございます。2年生の時、英語表現、英語演習で関わりました。授業への取り組みは、とてもよかった印象があります。またこの1年自分の進路に向けて精進されたと思います。いわゆる受験勉強をして過ごすと、ともすれば狭視野にもなりがちです。今一度、日本や世界に目を向けて、自分の頭で情報、知識を精査、判断できる自立、自律できた人になって欲しいと思います。
                                       

 出会いと学びに向かって

 35期生保護者代表  橋本 美智子 
 うららかな日差しに、春の訪れを感じるこの佳き日、卒業という晴れの日を迎えられました。
 月日の経つのは、早いものですね。この3年間で、色々な経験をし、数多くの事を学んできたと思います。時には、考え、悩んだ事もたくさんあったでしょう。それらは、今後の自身への大きな糧となるのではないでしょうか。
 皆さんは、これまでに多くの方々と出会い、色々な場面で支えられて生活してきたと思います支えていただいた皆さんへの、感謝の気持ちを忘れず、また、これからの出会いも大切にしてください。人生は、一生涯、学びと出会いの連続だと思います。また、そこには、幾つもの苦しい壁が待ち受けていることでしょう。その壁を乗り越えた時、きっと新しい何かや可能性が見えてくるはずです。どうか、その壁を自らで切り開いていってほしいと思います。
 巣立ちゆく35期生の皆さん、次の新たな出会いと学びに向かって、羽ばたいていってください。私達は、ずっと皆さんを応援し、見守っています。 結びに、ご指導いただきました、校長先生をはじめ、教職員の皆様方に、心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました。