高校副校長  久保田 剛司
 「どんな時も人生には意味がある…」辛いとき、人は自らの不運を嘆きがちですが、その辛さには必ず意味があります。「どこかに、あなたになされるのを待っている何かが、あなたを必要としている誰かがいる。あなたはその人のためにできることがある。」
 一度きりの人生です。一所懸命生きてください。
高校教頭  杉浦 正和
 3年の芝柏生活を終えて、皆さんは人生の新しいステージに立ちます。自分の生き方や存在価値が見え始める時期です。次々と訪れる人生の選択を続けながら、自分らしさを築きあげるのは皆さん自身です。社会の動きをしっかりつかみながら、芝柏での学びや思い出を糧に、悔いのない人生を生き抜いてください。卒業おめでとう!
学年主任・5組副担任  松原 誠司
 人間は一生成長し続けます。それを阻むものは、自信や勇気の欠如、怠惰に他なりません。皆さんが今後むかえる各ステージにおいて、大きな飛躍を遂げるための基礎力は、学年目標「世間に目を開き、器量を磨く」の実践を重ねた「芝柏」での日々のなかで培われてきたはずです。皆さんのこれからのご活躍を期待しています。
1組担任  松本 照子
 卒業おめでとう!いよいよ大海に出ていくのですね。もう戻れませんよ。前に進むしかありません。人生を上向きに生きたければ、常に「挑戦」する気持ちを忘れないで。安定は低下するだけです。あなた方の高校時代という過去は、十分輝いていたと確信しています。自信をもって漕ぎ出しましょう!
2組担任  宗像 紫織
 卒業おめでとう。初担任としてこの学年で3年間多くのことを皆さんから教わりました。ありがとう。これから社会に出て、成功よりも失敗に直面する方が多いと思います。でも人生一度きり。悲観するのではなく前を向いて楽しみましょう。たくさん直面していく中で自分の軸を見つけてください。
3組担任  須田 博貴
 34期のみなさん、卒業おめでとう。様々な経験を通じて、みなさんの知識や技術はますます磨かれていくことでしょう。そんなみなさんと全力で議論できるのを楽しみにしているので、折りを見て学校に遊びに来てください。ただし、やすやすと論破される気はないので、そのつもりで。
4組担任  三宅 正昭
 朝、目が覚めると行く場所があり、行けばそこにいつもの人達がいる。あたりまえの日常の中に幸福はあるのだと別れの時は教えてくれます。新たな場所で新たな幸福を見つけてください。
 皆さんのこれからの人生も、陰ながらずっと応援しています。色々ありがとう。色々ごめんなさい。お元気で。
5組担任  星山 尚文
 卒業おめでとう。港の中で守られていた日々は終わり、いよいよ大海へ漕ぎ出す時が来ました。晴れの日には思いっきり帆を広げ、雨や嵐の日にはよく考えて航海を続けましょう。順境であれ、逆境であれ、その時生きてきてよかったと思える人生にしてください。たまに途中経過を知らせてください。では、また逢う日まで。
6組担任  石井  豪
 君たちが今日「おめでとう」と言われた分だけ家族に「ありがとう」と伝えましょう。感謝の気持ちを忘れず、人に勝つことよりも自分に負けない人間に、そして自分のためだけでなく、人のために汗と涙を流せる人間になってください。
7組担任  小松 一貴
 34期のみんな、いよいよ巣立ちの時ですね。思えば最初の自己紹介で、1年間だけのヘルプとほのめかしたのに、何の因果か進路担当として君臨していました。申し訳ないです。これからはそれぞれ自分の信じる道をしっかり歩んで行って下さい。「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや。」みんなの将来に幸あれ。
1・6組副担任  井上 教子
 ご卒業おめでとうございます。《いつも》みんなのことを《ず〜っと》応援しています。“数学にはロマンがある!”笑顔を忘れずに!
2組副担任  早川 千春
 才能とは夢を見続ける力です。諦めなければいつか叶う。けれど、それは叶うまで苦しみ続けようとすること。そして明日よりも今日が一番残された時間があり、可能性に満ちているのです。
3組副担任  安田 勅男
 卒業おめでとう。私は理系の数学の授業を持っていたので、理系の人向けの言葉を送ります。Galileoの言葉です。
“And yet it moves”.
 itはthe Earth を指しています。
4・7組副担任  中井  翔
 これからの人生、友達ではなく仲間を作ろう!仲間と過ごした日々は、いつか思い出したとき、それを一緒に経験した仲間にとって、同じ温度の楽しい思い出になるから。
1年次担任  増本 正三
 みなさんの学年で過ごした1年間は、わたしにとってとても大切な思い出です。こころをこめて、卒業、おめでとうございます。
1・2年次副担任  田口 裕一
 卒業とは新しい出発であり、人間は
永遠に未完成です。日々努力し立派な
人格を築き、積極的に自己を磨き続け
てください。皆さんの幸せな人生を心
から祈っています。
1年次副担任  中村  圭
 卒業おめでとう!明日から君たちは自由の身です。読むべき本も着る服も何もかも自分で決めなくてはなりません。まずはセンスを磨くことが大切ですね。今後の活躍を期待しています。
1年次副担任  岩瀬 健人
 ご卒業おめでとうございます。高校を卒業すると、自分に厳しく接してくれる人が少なくなります。自分を甘やかさず、友人には…優しくも厳しくも接して、豊かな日々を送ってくださいね。
1年次担任  西浦 公子
 34期生の皆さん、ご卒業おめでとう。Keep your eyes on the stars, and your feet on the ground.幸せになるんだよ。またお会いするのを楽しみに。
1年次副担任  櫻井 竜太
 ご卒業おめでとうございます。
 念ずれば花開くを合言葉に信念をもって挑戦を続けてください。みなさんの更なる飛躍を期待しています。
2年次副担任  猪狩 大樹
 「継続は力なり」の話、覚えているかな?紙一重の薄さも重ねれば本の厚さになります。しんどい時こそ支えてくれる人と自分を大切にしてください。そしてぜひ、夢を叶えてください。
1年次副担任  榊原 雅仁
1・2年次副担任  吉武 秀豊


 巣立ちゆく34期生へ
第34期生学年代表  増田 恵子 
 春の足音が聞こえてくるこのよき日に卒業を迎えられましたことお慶び申し上げます。また、校長先生をはじめ教職員のみなさまより熱心なご指導いただきました。心より感謝申し上げます。
 3年前の入学式が、ついこの間の様に感じるほど、充実した学校生活でしたね。しかし、時にはうまくいかず逃げ出したくなった場面もたくさんあったと思います。でも、失敗と成功の積み重ねが成長した今の自分を作り、何より学校で過ごした証しです。それぞれの道へ進む34期生のみなさん。学校で学んだ事を生かし、1歩1歩前へ進んでいってください。また、これから新しい出会いもたくさんあると思います。その時は、自分がその人と過ごせる大切な時間だと思って過ごしてください。そして何よりも「今、この時の時間」を大切に過ごしてみてください。
 みなさんの健康と活躍を心よりお祈りしています。第34期生、生徒のみなさん、御卒業おめでとうございます。