大事な宝物
3年1組  三砂 暁子
 芝柏に入ってからあっという間に時が過ぎて、今日はもう卒業式です。私が過ごした日々を思い返してみると、素晴らしい出会いや充実した出来事でいっぱいで、正直まだ卒業したくない気持ちもあります。
 部活では、最高の仲間に出会い、日々の練習、大会、合宿と辛いこともたくさんありましたが、彼らがいたからこそ、最後まで走りぬくことができたのだと思います。
 時にはぶつかりあうこともありましたが、やはり彼らの存在は大切であり、一生の宝物です。
 いつも支えてくれた先生方には相談事、合唱祭のピアノなど、沢山の面でお世話になり、また勉強だけでなく生きていく上で大切なことを教わりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 最後に後輩の皆さん。高校生活は長いようであっという間です。後悔のないよう、大切に過ごしてください。本当にありがとうございました。

 三寒四温
3年2組  河邊 美樹
 寒さの中に、春がそこまで来ているのを感じます。期待と不安、感謝と心残り、多くのものをここに残し、芝浦柏高校を卒業します。中高で着ていた制服は所属する場所が示され、多くの規則に守られ縛られてきましたが、ネクタイをとり、着慣れた制服を脱いで、自分の目指す道へ向かい歩き出します。日々のスピードも増し気づけば大人になっているのでしょうか。人生のたった三年の通過点ではありましたが、ここでは多くのことを学びました。様々な時を分け合った多くの友人達は、何年会わなくても桜の咲く季節にはふと思い出すことと思います。三寒四温という言葉があります。冬の季節に使われる言葉ですが私達の未来、三つ辛いこと苦しいことがあっても、四つの幸せと満足がある、そして努力は冬から春へと変わるが如く大きく花咲くと信じ日々歩き続けたいと思います。

 友達
3年3組  清水 龍洋
 高校生活で一番よかったことはいい友達に恵まれたことです。
 もちろん、部活動や学校行事がよくなかったわけではありません。最後の大会で最高の試合ができたことや合唱祭で最優秀賞をとれたことはいい思い出です。しかし、そこに至る過程は苦労ばかりでした。高校生になると先生の助けは、ほとんど得られず自分たちで一つにならなければなりませんでした。一人一人の意志が強くなっていくなかで同級生に指示することはとても難しいことでした。だから、まだ苦い「出来事」を「思い出」として書けるほどではありません。
 そのような中で、自分が頑張れたのは、悩み・愚痴を聞いてくれた友達のおかげでした。これから会う機会が減って寂しいけれど、会った時には楽しく「思い出」として語りあえたらと思います。

 「卒業」
3年4組  萩原 朱音
 ここ数年、「アオハライド」や「君に届け」など、人気少女漫画が次々と実写化されました。今流行りの女優さんと俳優さんが華やかな高校生活を送る姿は、特に私たち女子高生にとっては憧れそのものでした。私たちの高校生活は、映画の様な華々しいものではなかったかもしれません。けれども、行事はもちろん、友達との会話や出来事を思い返すと、平凡でありふれた毎日、その日々こそが私たちの「アオハル」だったのです。しかし、いつまでも美しい思い出の中では生きられません。青春の思い出は丁寧に心にしまい、新しい生活へと踏み出す時が来ました。
 この3年間を芝浦工業大学柏高等学校で過ごす事ができ、私は本当に幸せでした。温かく見守って下さった先生方、仲良くしてくれた友達や後輩、そして家族に「ありがとう」という言葉を贈りたいです。

 Thanks!
3年5組  今井 秀樹
 私が高校に入学してからの3年間を思い出してみると、あっという間の3年間でした。クラスではかけがえのない仲間達と第一志望の大学に向けて勉強したり、学校行事を少しでも良いものにするためにお互いに切磋琢磨したりしながら成長することができました。部活動ではチームメイトと苦楽を共にし、みんなで一つの目標に向かって努力してきました。そのおかげで仲間との絆が深まりました。そして高校生活を通してでしか得ることのできない大切なものを得ることができました。この素晴らしい高校生活を送ることができたのは友達や先生方、そしてここまで私のことを大切に育ててくれた両親のおかげです。とても感謝しています。私はこの芝柏で学んだことを活かして、前に進んで行きたいと思います。ありがとうございました。

 感謝
3年6組  米山 基樹
 この芝柏で過ごした6年間は私一人で過ごした6年ではありません。学校へ行けば先生方がいて、仲間がいて、いつも誰かに支えられていました。勉強も部活動も仲間と切磋琢磨し、お互いを刺激し合うからこそ成長することができました。私達の背中を追って来てくれた後輩達、熱心にご指導して下さった先生方、どんな時も優しく見守り励ましてくれた両親、私の周りにいて下さった人々への感謝の気持ちが絶えません。ありがとうございました。
 これからは学校への恩返しや両親への親孝行ができるよう、日々努力し次の舞台へ駆け上がっていきます。
 そしてこれからの芝柏を担った後輩の皆さん、日々お世話になっている方々への感謝の気持ちを持ちつつ、残りの高校生活を存分に楽しみ、今までにない未来に繋がる新たな芝柏の歴史の1ページを作り上げて下さい。

 感謝
3年7組  染谷  豊
 僕が芝柏で中学、高校と過ごした6年間は、とても長く充実したものでした。振り返って思い出すと、常に周りには良い友人がいてくれて、毎日が笑顔が絶えず、楽しいものだったと思います。先生方にも、悪いことをした時には叱ってもらい、つらい時は親身になって励ましてくれたりと、とてもお世話になりました。
 そしてこの芝柏という学校で学ぶことのできた経験を、これから進んでく次の舞台で思う存分発揮できるように頑張りたいと思います。
 最後に中学に入ってきた僕らと、ここまで共に歩んでくださった先生方、中学、高校から一緒になって勉強をしたり、馬鹿なことをしたりした友達、様々な場面でお世話になった数多くの人達に、本当に感謝したいと思います。
 この6年間有難うございました。