6年間を振り返って
3年1組  小川 林太郎 
 芝浦柏での6年間は小学校とは大きく違っていた。恐らく自分が変わったということもあるが、勉強や学校行事に今までにない責任や達成感があったからだろうと思う。その達成感を味わいたくて、僕たちはさまざまなことにチャレンジした。その中でたくさんの困難があったし、色々な人に迷惑をかけることもあったが、少しずつ成長することができた。そしてこれからは高校を卒業して、色々な人に頼られ迷惑を“かけてもらえる”大人になるためにも、とても大切な時間を過ごすことになる。
 ただこの6年間を“準備期間”として有効に使うことができていたら、もっと視野を広げられただろう、と思うと後悔が少し残る。後輩の皆さんはまだ少し受験までに時間があると思うので、自分に必要なことをよく考えて、有意義な時間を過ごしてほしい。

 6年間を芝柏で過ごせたことに感謝
3年2組  奈良 翔太 
 6年間という長いようで短かった中学、高校生活を芝柏で過ごしました。しかしその6年でも色々な経験ができたと思います。部活での思い出や、文化祭での演劇、クラスや学年の仲間と競い合って勉強したことも自分の幅を広げる良いきっかけになったと思います。他にも印象深かった思い出はたくさんありますが、なによりもこれから自分が今まで経験したことをより意味のあるもの、自分にとってプラスのものになったと思えるようにこれからを過ごしていくことが大事だと感じています。又、これからは様々なことに気づくことができる人間、様々なことを考えられる人間になりたいです。
 最後になりますが、この6年間を芝柏で過ごせたことにとても感謝しています。この6年間があったのも、先生方、周りの友人のおかげだと思います。ありがとうございました。

 Never Be Afraid
3年3組  村田  帆 
 楽しく新鮮なことに満ちていた高校生活の中で、僕らは多くの壁にも直面した。勉強・部活・人間関係…少し成長した僕らだからこそぶつかった、中学までのそれらとは違う壁。そのたびに、手探りながら乗り越えようと試行錯誤をしてきた。そしてその中には、残念ながら報われない努力もあった。
 しかし無駄になったはずの努力が、思わぬところで実を結びうることも学んだ。有意義な回り道もある。目先の利益にばかり固執せずに、過程で得る経験を生かすことで人は成長できるのだ。今日から僕らは今以上に理不尽な社会に身を投げ、出会ったことのない壁に挑戦していくことになる。挫折もあるだろう。けれど恐れることはない。芝柏での青春の中で得たものたちが、僕らに立ち向かう勇気をくれるから。
 素晴らしい環境を支えてくれた全ての人への感謝を胸に?さぁ、旅立とう。

 高校生活で得たもの
3年4組  布田 純奈 
 私は三年前、この芝浦柏に入学しました。
 最初はいろいろな不安がありましたが、家族・友達・先生方などたくさんの人に支えられてこの卒業を迎えることができました。これからそれぞれ全く違う道に進み、新たな場所で生活することになりますが、きっとこの高校生活で得た様々なことは、今後の人生に大いに役立つでしょう。私にとってこの三年間で得たものは、自分の夢に対するプライドとブレない信念です。これを持っていれば、大学に入っても同じ夢を持つ仲間と楽しい毎日を送ることができると思います。
 今までお世話になった先生方、家族、本当にありがとうございました。
 30期のみんな、春からそれぞれ新しい場で頑張ろう!

 芝柏での6年間
3年5組  角  昌実 
 私は中学からの6年間、芝柏で過ごしました。いろいろなことに挑戦できた6年間だったと思います。なかでも、思い出に残っているのは部活動です。私は剣道部に所属していました。剣道部は稽古が厳しく、毎日が大変でした。辛い稽古の中、やめたくなるときもありましたが仲間と共に声を掛け合って乗り越えてきました。剣道部では技術だけではなく、忍耐力、礼儀作法も学ぶことができました。これらのことは、これからの私の人生において必要不可欠なものになっていくと思います。これらの経験をいかしてこれからも日々精進していきたいと思います。
 最後に、今まで私を支えてくださった先生方、両親、仲間たち本当にありがとうございました。

 一期一会
3年6組  吉井 和樹 
 卒業が近づくにつれて、知らぬうちに意識していることがあります。それは「人との繋がり」。卒業してからもずっと付き合っていくだろう人。いつの間にか連絡を取らなくなってしまって、同窓会で再会するであろう人。きっと卒業生みんなにそういう人がいると思います。
 思えばこの高校生活、多くの人との出会いがあり、そしてその出会いに支えられてきました。担任団の先生や友人などなど。きっと僕以外の人もそうだと思います。きっと今の自分がいるのはその人たちのおかげで、その人たちと出会わなかったら今の自分はいないと、そう思います。
 僕は少し照れやなところがあるので、人前で面と向かって言うことがなかなかできないので高校生活最後にこの言葉を添えたいと思います。
 「ありがとう。」

 門出を向かえ
3年7組  永堀 智美 
 この3年間で私たち30期生は、たくさんのことを経験し、たくさんの事を学びました。受験では、無茶を言ってもあきらめない限り応援をしてくださった保護者の皆様、アドバイスをくださった先生方、励ましてくれた友人たちに支えられ、また成長したように思います。感謝の言葉では足りないくらいに感謝しています。本当にありがとうございました。
 普段の学校生活では、休み時間やごはんの時間、放課後などに友人と話すことが本当に楽しかったです。テストの点数を競い合ったり、将来を思い描いたり、くだらないけれど、私にとってすごく意味のある、充実した3年間でした。
 もう18年が経ってしまったけれど、人生を80年とすると残り4分の3の生活を、苦しいことがあってもこの3年間を大切にし、楽しく、成長しながら過ごしていけたら良いなと思っています。