講演「災害から身を守るためにするべきこと」

大村 俊樹 

 6月12日『安全の日』(高校)
 毎年行われている安全の日の講演を今年は総務部で企画しました。講演者は、一般社団法人防災教育普及協会の高須氏で、内容はいつ来るかもしれない大地震、風水害などに対して、いかに自分の身の安全を守るかでした。熊本地震関東東北豪雨、東日本大震災などの被災地での体験談や首都圏で想定される災害(地震、風水害)そのときの身を守るポイント生き抜くポイントなど映像を交えながら、お話していただきました。
 生徒たちも生々しい映像を見て改めて災害の恐ろしさと、自分の身を守るために何をすべきかを、真剣に学んでいました。中でも、災害に遭って、家族がバラバラになった時に安否確認をする方法として、三角連絡法という連絡法があることを教えていただき、生徒もそんな方法があるのかと感心していました。ご家庭でも日ごろから災害に合ったとき持ち出すもの、備蓄品、連絡方法など話し合っていただけたらいいのではないかと思います。

   
 
 防災意識を高めて

松本 照子 
 今年度の「安全の日」(中学)は、災害状況を想像する力を身につけるイメージトレーニングをすることで、いざという時に冷静に行動できるようにすることを目的に、行いました。講演を聞いた後、各教室でワークシートに記入することで解決能力を身につけます。
 一般社団法人防災教育普及協会から講師として来ていただき、動画などを使って、東日本大震災の時の、被災地の人々の対応などについて、説明をいただきました。
 中学生であっても、まず自分の身は自分で守ること、そのために何をしなければならないかを考えるということが、防災教育の第一歩となりました。「備えあれば憂えなし」の言葉がまさに実感できた時間でした。
 夏休みの学習

早川 千春 
 データから見ると、夏休みは中学1・2年、高校1年にとって、成績が上下する期間として重要です。高校2年は、「秋冬で事実上の進学先が決まる」ということから、この夏が最重要の時期にあたります。中学3年は、中学範囲を総復習し、連絡進学に備える絶好のチャンスであり、高校3年生は言うまでもなく、受験勉強の山場です。ここまで、「授業をベースにした家庭学習」「授業で頭の中に入れること」を強調してきました。夏休みは、その授業がなくなるために、家庭学習の質が問われます。ひとつは、継続すること。夏休みの前半に宿題を終わらせて遊ぶ、というようなことはダメです。頭から抜けないようにするためにも、少しずつでも学習を継続すること。もうひとつは、自分なりの課題をこなすこと。全教科まんべんなく、自分なりの課題に取り組むことが重要です。ぜひ夏をうまく活用していきましょう。
 夏休みに向けて

宮嶋 祐一 
 東葛地区では、月に1回、各高校の生徒指導担当の教員が集まって情報交換をしています。最近はどこの学校でも問題となっているのが、スマートホンの使い方で、SNSで他人の情報を流したり、誹謗中傷をして問題となることが多いようです。さらに、昨年度末あたりから増えているのが自転車の事故です。自動車と接触したり、歩行者とぶつかったりしてしまう報告が多く届けられています。とくに、自転車がスピードを出して歩道を走ったり、よく確認せず急に曲がったり、道路を横切ったりするのが原因です。夏休みの間、自転車に乗る機会が増えると思いますので、注意して下さい。
 また、いつも休み前に話をしていますが、休み中にSNSで知り合った見ず知らずの人と、軽い気持ちで会ったりしないように注意して下さい。
 AED・エピペン講習会

鈴木  舞 
 本校では毎年、教職員を対象とした心肺蘇生法及びAED、エピペン(緊急補助治療薬)講習会を行っています。本年度は5月31日(水)に実施し、多くの教職員が参加しました。心肺蘇生法においては、救助者は心停止を疑ったらすみやかに胸骨圧迫を開始すること、胸骨圧迫の中断を最小限にすることなど2015年に改定したガイドラインの変更点に留意して実際に実技を行いました。毎年講習会を行っていますが、技術や知識の再確認をする良い機会となっています。
 エピペン講習会においては、アレルギーによって引き起こされるアナフィラキシーショックについての知識の確認やアナフィラキシーショック時の対応、エピペンの使用方法についての講習を行いました。緊急時に迅速な対応ができるように、正しい知識と技術の確認を継続して行っていくよう努めています。
 2017年度「夏」のご連絡等

友野 範久 
7月22日(土)から8月26日(土)は、「夏の特別対応期間」となります。具体的には以下のとおりとなりますので、ご承知おきください。
*窓口受付時間帯…9:30〜15:30
この期間中の土曜日は窓口業務をお休みします。
8月5日(土)から16日(水)まで一斉休校となります。
夏休み期間中の旅行等のために「JR学割証」が必要な場合は、早めに事務室にお越しください。「学割証」・「通学証明書」の発行には生徒証が必要です。また、申請書には消えない筆記具で記入する必要があります。
生徒の皆さんに、より快適な環境を提供するため、夏休み期間中に、第1グラウンド・体育館等の大規模工事を予定しています。一部ご不便をおかけする場面もあるかもしれませんが、趣旨をご賢察のうえ、ご理解いただきますようお願い申し上げます。