中   学
 中学生徒会について

宮嶋 祐一  
 去る2月25日、中学全校集会、3年生を送る会と同日になり、大変慌ただしい中ではありましたが、選挙管理委員会の協力もあり、中学生徒会選挙が行われました。
 結果は、生徒会長内山遼河君、2年副会長高橋悠菜さん、1年副会長石渡凌太君、2年書記岸田望生さん、1年書記北圭吾君、1年会計高岡康紀君、坂本祥君に決まりました。
 本年度の中学生徒会は、会長の吉野陽樹君を中心に大変よくまとまって、積極的に活動をしてくれましたが、新生徒会役員の皆さんにも引き続き学校生活を良くするために積極的に活動して欲しいと思います。
高   校
 新しい伝統を

相馬  融 
 生徒会誌「柏樹」が12年ぶりに復刊となった。このような形での年度ごとの総括・記録がなされてこなかったのは、大変残念なことであったが、ようやく正常化できてほっとしている。これは前任の菅沢校長先生から託された課題でもあった。
 それにしても、一度途絶えてしまうとほとんどゼロからのスタートで、36期生徒会役員の皆さんのご苦労は並大抵ではなかったことと思う。
 忙しい日常の中にも沢山の活動がなされてきたことが、この一年の記録を見ると甦ることと思う。そこからまた次なる課題も浮かびあがってくる訳で、次期37期の役員の皆さんへ、また次期の各委員会・部活動の皆さんへとそれは託されていくのである。
 この新しい再出発を心からお祝いしたい。そして今度こそ途絶えることなく、芝柏の生徒会の伝統が着実に刻まれていくことを願ってやまない。