2016年度のPTA活動を振り返って
  PTA会長  渡部 尚英 
 先ず2月18日(土)に開催しました第20回仕事塾の報告です。午前中は中3生向けに授業の一環として、午後は全学年向けに自由参加形式で行いました。保護者並びに高校OBの方にアドバイザー及びスタッフとして参加頂き、生徒の皆さんにも大変好評でした。

 そして、各学年代表並びに文化委員長よりこの一年間の感想を頂きました。

【中1】
 幹事とは違い、すすんでやりたいと思ってなった学年代表ではありませんでしたが、役員会での本部の方々や先生方の対応の素晴らしさに感心させられ、良い雰囲気の中で参加させて頂きました。1年生幹事の代表としては頼りなかったですが、幹事の皆様のご協力のもと、ただただ楽しく過ごさせて頂いた一年間と思っております。ありがとうございました。

【中2】
  本部役員の方々や白坂先生の助けをお借りし、一年間学年代表を努めさせて頂く事ができたことをこの場をお借りしてお礼申し上げます。幹事の仕事を通じてより芝柏に親しみを感じ、また学年を問わず沢山の保護者の方々からお話を聞け、とても有意義な時間を過ごすことができました事、感謝致します。一年間お世話になりました。

【中3】
  学年代表となり、私自身大変貴重な経験をさせて頂きました。巣立ちの会は幹事全員で約8ヶ月かけて準備して参りました。初めての幹事で不安だらけのスタートでしたが、安江先生をはじめ中3の先生方、PTA本部の方々、幹事の皆様のご協力のおかげで充実したPTA活動となりました。一年間本当にありがとうございました。

【高1】
  今年は学年代表と文化祭の飲食部門長に就任させて頂きました。その為学年幹事の皆様や学年を越えた幹事の方々と深く関わる事ができ、とても有意義な一年を過ごせました。幹事の皆様の優しさや手際の良さに助けて頂き、感謝ばかりです。先生方、PTA本部、幹事、保護者の皆様一年間ありがとうございました。

【高2】
  初の幹事で学年代表をさせて頂きました。経験豊富な幹事の皆様のアドバイスと宝田先生のご協力のおかげで、無事一年を終えることができました。幹事を経験することで、今まで知らなかった子供達や学校の様子を知ることができ、いい経験となりました。ご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

【高3】

  高3生にとっては受験という事もあり、気忙しい年ではありましたが、クラス懇親会・増穂祭での出店・卒業を祝う会、それぞれに幹事全員が中心となり活動して参りました。それらも皆様のご協力により無事に終える事ができました。子供達の学校生活は、教職員は何より、沢山の方々に支えられ成り立っていると思います。その中で幹事としてPTA活動に携わり貴重な体験をさせて頂きました事を嬉しく思っております。ご指導くださいました教職員の皆様、そして多くの皆様方のご支援に心より感謝致します。ありがとうございました。

【文化委員長】

  今年度は医師・作家の海堂尊先生をお招きして講演会を開催致しました。大変興味深いお話は多くの方からご好評を頂きました。たくさんのご参加、ご協力下さいました皆様には、文化委員一同、心より感謝し御礼申し上げます。次年度文化講演会の講師は、ピーター・フランクル氏を予定しております。

【PTA本部】

  今年度もPTA活動において、クラス幹事の皆様をはじめ多くのPTA会員の皆様、そして教職員の皆様のご協力を頂き、厚く御礼申し上げます。生徒達が伸びやかに学び過ごして行くための一助になるよう、来年度も学校と協力しつつ活動して参りますので、引き続きご協力のほど宜しくお願い致します。





 今年度の活動を振り返って
後援会会長  三浦  勉 
 高校35期生、中学16期生のみなさん、また、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。
 さて、皆様の多くのご支援とご協力をいただくことができ、本年度も、充実した後援会活動を実施することができました。本当にありがとうございました。
 本年度に行った主な活動は、次の通りです。

【設備充実】
・化学実験室:薬品庫
・大型ホワイトボード
・災害時用給水栓設置
・高校棟階段廊下内装工事
・学校HPスマートフォン対応
【部活支援】
・高校女子バスケットボール部ユニフォーム
・演劇部スピーカー・ノートPC
・小体育館・女子更衣室整備
・高校女子部室用ラック
・野球部:マウンドカバー、応援関連
・科学部:実験器具
・吹奏楽部:銅鑼スタンド

 上記以外にも、多くの支援に関する提案・検討を行い、後援会活動による当校の施設の充実を目指しています。
 来年度も、増穂祭の後援会カフェで寄せられたアンケート結果も参考にさせていただき、施設の充実・老朽化対策等々、学校法人並びに保護者の方々と力を合わせ、学校施設の充実を図りたいと考えておりますので、今まで以上にご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。