高校1年学年報告
宝田 敏博 
 10月の文化祭では各クラスとも自主的によく動き、工夫を凝らした素晴らしい発表を披露してくれました。夏休み中にも集まり話し合いを重ね、その準備を通してクラスの仲間意識がさらに高まったようです。続いてのWebコンテストの取り組みにおいても、学校代表に選ばれたチームのみならず興味深いホームページが数多く見られました。行事で発揮されたこの力、培われた団結力は、今後36期生が「チーム36期」として受験をはじめ多くのことを乗り越えてゆく原動力となることでしょう。今後も前向きに楽しい学校生活を自分達で作り出して貰いたいと思います。さて、先日、次年度の科目選択届の提出が終わりました。文理の選択を機に将来の職業や進路について考えを深めることができたでしょうか。やはり学習の動機を明確にもち、強い意志で取り組む実行力が2年後の道を大きく変えますので、この冬休み、入試休みには落ち着いて将来のことを考える時間も持つようにしてください。読書や保護者の方と進路について話すなどをして視野を広げましょう。来年の夏に完成させる自分史の執筆も少しずつ進めてください。また、学年の後期の取り組みの一つとして、イブニングレッスンを充実しました。皆さんの進路目標を達成するためには日々の学習時間の確保が何より重要になりますので、下校時間後の一時間、4階フロア全体を自習室として開放しています。また、月〜金まで英語、数学、国語、理科でGLクラス向けの内容を中心として上位、中位、下位の補習講習を行っています。毎日18時45分まで残って学習していく人も増え、イブニングレッスン用のバスも一台増便しました。学校に残って放課後にも学習する時間を共有することで、集団としての意識が高まり、学年全体としても学習に向かう姿勢が向上することを期待しています。まだ参加していない人も積極的に残り、一緒に取り組んでください。




 高校2年学年情報
三輪 剛史 
  3年次のカリキュラム選択に向け、クラス担任との面談を実施しました。また、11月下旬から12月にかけ保護者を交えた面談も実施しました。自分の将来をしっかりと見据えた進路選択を考えることができたと思います。これに先立って10月下旬には工学系進路選択者対象に、芝浦工業大学の研究室見学を実施しました。大宮・豊洲・芝浦の3キャンパスの工学部・システム理工学部・デザイン工学部を見学しました。大学院生、学部4年生の学生さんに案内され、研究室を訪れ、研究の目的・内容について説明を受けました。それぞれが興味関心のある内容で、『大学での学び』について視野が広がり、興味が深まったことと思います。そして、先日の学年集会では、学習についてのガイダンスと大学入試についての基本事項の確認の講義を受け、HRでは今年の受験日程を参考に、自分の受験計画をたてました。「まだ先のこと・・・」と思っていた大学受験は、確実に近付いてきています。
 現3年生はセンター試験まで一か月を切り、いよいよ受験体勢に入ります。2年生はそれを追って、年明けに『3年0学期』をスタートさせます。これは1年後へ向け、今何をすべきか、そしてそれぞれが中期長期目標を立てた中で、お互いに高めあい、受験に向けチームとしてこの1年間を過ごす意気込みを確認してもらうスタートです。
 年明けにはチャレンジセンターが行われます。この年末年始にはしっかりと足元を固めることと、実践的な取り組みもこなしておきましょう。






 「世間に目を開き、器量を磨く」
松原 誠司 
  タイトルは、34期の学年目標で、この実現にむかって3年間歩んできました。
 「世間に目を開き」は社会への括目を意味します。ここにいたるまで、自分の進路を考えてきた軌跡は、その最たるものといえましょう。自分の興味・関心を前提に、自分が将来就きたい職業、取り組みたい学問、取得したい資格などを突き詰めたでしょう。そのなかで社会全体を見つめて、社会における自分の役割を見出していこうとした生徒も少なくないはずです。
 そして「器量を磨く」は、自分自身の可能性を探り、能力を研ぎ澄ますということです。自己の目標を達成するために学習を重ねて学力を伸ばすということを先ず想起するでしょうが、そればかりではなく、社会で生きていくための力を蓄積していくことをも意味しています。そこには、自己の発想力、集団における協力性、周囲を見渡し、気づく力なども含まれています。
このように高校時代に培った財産は、次のステージにおいて自分をさらに大きく開花させる役割を果たしてくれることでしょう。
 高校3年生は、これから自分の未来にむかっての挑戦の日々を向かえます。これは精神的な苦しみや焦燥感をも伴うでしょうが、それに打ち勝って目標を達成した時には、今までの殻を打ち破って、新たな自分と向かい合っていることでしょう。このように厳しい時だからこそ、3年次の学年目標である「初志貫徹」を胸に刻んで、自分の理想に向かってあきらめずに前進を続け、目標を勝ち取ってください。
 自分の未来の獲得に全力を尽くしている彼らにエールを送ります。