2014年度芸術鑑賞を終えて

安田 勅男 
 10月31日初台にあるオペラシティーで芸術鑑賞会を行い、クラシック音楽を聴いた。鑑賞曲の作曲者は、バッハ、ヴィヴァルディ、シベリウス、ドヴォルザークその他であった。各学年から1クラス抽出してアンケートをとったが、想像以上に好評であった。特に生の音場には圧倒されたようだ。また、恒例となった指揮者体験は大いにウケた。出演してくださった方々には心より感謝申し上げたい。
 今回の曲選定は筆者個人の好みがかなり反映されてしまって、少し気が引ける面もあったが、クラシック音楽に触れたことのない人に体験してもらう音楽としては、興味関心がわくような内容であったと考えている。
 音楽は国を越え、時代を超えて心を打つ。あらためてそのことを再認識する機会となった。ヴィヴァルディ(伊:17,8世紀)、バッハ(独:17,8世紀)、シベリウス(フィンランド:19,20世紀)、ドヴォルザーク(チェコ:19世紀)、皆欧州の人達であるが、生い立ちも感性も様々である。四季では清々しい気分に浸れ、トッカータとフーガでは厳かで敬虔な空気に包まれ、ヴァイオリン協奏曲では、厳しいが美しい自然の中に微かな光明を感じ取ることができるし、新世界では望郷の念に涙することができる。
 芸術鑑賞会では、既知のものだけを提供するのではなく、新しい世界が開けてくるものを皆さんに提供していきたい。たとえ知らなくても、一流の芸術家の演奏は感動を呼び、新たな扉の前に立たせてくれる。これを入り口に、大人になってクラシックコンサートに足を運ぶようになってくれたら嬉しい。筆者自身はごくたまにしか足を運んでいないが、CDなどはかなり所有することになった。故人となっているアーティストは、このようなメディアの助けによるしかない。
 最後に、私事で恐縮だが、今回のコンサートの曲選定で、参考にした演奏家を紹介したいと思う。ヴァイオリニストのハイフェッツ(Jascha Heifetz:露)である。ヴァイオリンを志す人の夢を粉砕するような圧倒的な力量をもつ人で、彼の演奏ではその超絶技巧は微塵も感じさせず、感傷に浸ることもなく、ただ美しさのみが結晶のように表出されており、思想、感情、理性、技巧等々あらゆる要素を昇華させた神の如き演奏をする人である。






中   学
 3大行事開催!!残る合唱祭へ向け

3年B組  岩 祐介 
 10月を皮切りに中学では3大行事のラッシュが始まりました。各行事では行事の中心となり運営に協力してくれた行事委員会と私たち生徒会本部とで連携し、行事をサポートしてきました。
 10月のはじめに開催された文化祭では中学・高校とで協力し、とても盛り上がりました。
 10月の終わりに開催された運動会では、学年を超えた団結力で各組ごとにとても健闘しました。今現在は最後の行事、合唱祭へ向けて各々の曲に磨きをかけています。素晴らしい演奏ができればうれしいです。
 また現在は、各委員会・生徒会本部では来年へデータを引き継ぎ来年以降の行事をより良いものとするための準備をしています。
高   校
 生徒会本部活動報告

2年1組  秋山 亜美 
 こんにちは、第34期生徒会長の秋山です。ついに先日売店の前に新しくおにぎりの自動販売機が設置されました。ご協力いただいた方々、心より感謝いたします。その他皆さんから寄せられた要望は現在、調査したデータをもとに要望書をまとめています。また、より良い芝柏ライフを目指し、全校アンケートを行いました。こちらは今後の活動の参考にさせていただきます。生徒の皆さん、数々のアンケートへのご回答ありがとうございました。しかし、私たちの任期はそろそろ終了となってしまいます。今期で実現しきれなかった件はしっかりと引き継ぎを行っていきます。これからも芝柏生徒会をよろしくお願いします!



 中学生「税についての作文」
千葉県教育長賞  猪又 力三郎 
  中学3年生では、夏の課題として「税についての作文」の課題に取り組み、コンクールに応募しています。今回、猪又力三郎君(3E)の作品が千葉県教育長賞に輝きました。TOSS未来復興プロジェクトで大船渡市を訪問し、東北の復興に向け何ができるか、考えてきた経験を生かした作品です。11月13日にクレスト柏で開催された表彰式では、受賞者を代表して自らの作文を朗読しました。
 復興税を国民全体で負担することで、東北の問題を自分達の問題として意識できる。将来自分も税金を払う時には出会った方々を思い出しながら税金を納めたい。自らの実体験を通した作文は非常に説得力のあるものでした。