活動報告

顧問  丸山 広光 
 昨年は予算が少なくパソコンの組み立てが出来なく残念でした。しかしHSPによるソフトの開発をおこなうことが出きました。HSPとはHot Soup Processor(ホットスーププロセッサー)はプログラミング言語と統合プログラミング環境を含むプログラミングツールです。
 また3年生を送る会などの担当になり動画の編集をまとめました。
 次年度の主な活動行事について
・Webコンテストは本校では学校としては、中学2年からの参加ですがコンピューター部は1年から参加しています。
・パソコンの組み立て・HTML、C言語などの学習
・文化祭でのプレゼンテーション発表、その他発表
・音楽関係への進展、科学部などとの連携





 活動報告

顧問  手塚 耕二 
 新チームになってから思うような結果が出せず、苦しい戦いが続いています。サッカー選手としての技術や戦術以前に、芝柏生として恥ずかしくない、熱い愛校心を持った部員であることが今後の結果に結び付く必須条件と考えています。その気持ちが揃った時に初めてチームとして一つになり、芝柏らしい闘いができるのです。昨年のチームも道中迷走することもありましたが、最後は私学大会県準優勝という大きな成果をあげることができました。練習時間が他校と比較して圧倒的に少ない分、チームの成熟に時間が掛かりますが、最後は抜群のチーム力で市内優勝を狙えるチームに成長します。学校生活や通学の道中、家庭での過ごし方など、ピッチ外における人間的な成長が、ピッチの中でのパフォーマンスとして現れます。中学サッカー部員の今後の学校生活での成長と、大会における活躍にご期待ください!

 活動報告

顧問  久松  卓 
 3年前から芝柏ソフトテニス部は新体制となり、これまでの伝統を引き継いで、テニスの技術はもちろんのこと、人間としても大きく成長している。3月上旬に行われた柏市春季団体戦では男子がベスト8になり、準々決勝では千葉県大会3位の柏中の1ペアに田畠・高橋ペアが勝ち、我々の目標である全国大会に少しずつではあるが近づいてきている。女子は今回の大会で、風早中と戦い、負けはしたものの次の大会につながる試合をし、今後が期待できる。また、3年前から出場している菅平カップジュニアソフトテニス春季大会では、結果のみならず大会の講評で挨拶等の人間力でも本校の名前が挙げられるなど着々と成長をしている。今後の芝柏ソフトテニス部の成長が楽しみである。

 活動報告

顧問  青木 重憲 
 中学バスケットボール部では、試合で勝つことはもちろんですが、何よりも部活動を通して、将来社会に出てからみんなが必要とする挨拶、他者への気遣い、最後まで諦めない強い心を育てることも大切な柱として日々練習を重ねています。部員は上級生も下級生も非常に仲良く、しかし時に厳しく人間関係を築いています。また保護者の方々も非常に熱心に様々な試合へ応援に来ていただき、みんなで部活動を作り上げています。結果のほうも徐々に出始め、現3年生の引退試合である夏の選手権大会では市内ベスト8の中学校にあと3点まで迫る激戦を繰り広げてくれました。ミニバスケットを経験している生徒が多くいる公立中学校とは違い、初心者で入部する子が多い本校ですが、一戦一戦を大切にバスケットの面白さを伝えられればと思いながら、日々練習をしています。