PTA活動の報告
PTA会長 小倉 尚信 
 年の瀬も押し詰まり、何かと気忙しい毎日を過ごされていることと存じます。日頃からPTA活動へのご理解ならびにご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 早速ですが、今年これまでの「PTA活動」について報告致します。

【増穂祭へのPTA出展】
 1日目は雨の予報だったため、人出が心配されましたが、小雨でおさまり、過去7年間で最高の来場者数となりした。2日目は天候に恵まれ、まずまずの来場者数となりました。
 各コーナーを担当いただいたクラス幹事の皆さんには、6月の準備段階からご苦労をお掛けしましたが、おかげさまで無事終了することができました。ありがとうございました。また、当日ボランティアで参加いただいた方々をはじめ、関係者の皆様に感謝申し上げます。

1.焼き芋:高3のクラス幹事とボランティアの皆さんで、毎年好評の「焼き芋」を販売しました。例年より多くのお芋を用意しましたが、例年にまして好評で、早期完売が予測されたため、急遽お芋を追加仕入れして対応しました。

2.飲食販売:「芝柏PTAオリジナルホットドック」は毎年大人気です。今年も来場者や生徒へ少しでも多く提供するために、昨年と同様2000本を用意し販売しました。1、2日目とも販売開始時間前に並ぶ生徒に対応するため、開始時間を繰り上げた結果、午後1時過ぎには完売しました。
 温かいホットドックを頬張る微笑ましい生徒の姿がありました。

3.PRコーナー:芝柏を受験される皆様に、在校生の保護者の視点で学校や生徒の芝柏生活をPRするコーナーです。今年も「芝柏中高の校章入りドラ焼き」の販売に加え、「名前入り合格応援定期」を配布し、受け取った受験生の笑顔が印象的でした。また生徒の学校生活や行事を紹介したDVD上映も大変好評でした。

4.バザー:売上収益の生徒への還元と地域の皆様へバザーを通じて感謝することを目的に開催しております。今年は当初、例年に比べ物品提供数が少なく、開催が危ぶまれましたが、「物品提供のお願い」を学校ホームページや電話連絡網を利用させていただいた結果、ぞくぞく提供品が集まり、特に人気の制服を多く提供いただきました。売上金も例年以上の約47万円となりました。物品の提供にご協力いただき、ありがとうございました。

5.本部テント:難民支援団体(RIJクラフトさん)及び近隣の朋生園さんが参加され、手作り品を販売されました。また、文化講演会への参加者募集コーナーも設置しました。

【TOSS未来復興プロジェクトの支援】
 8月に実施された震災復興視察ツアーの費用の一部を昨年に引き続き負担しました。被災地を訪れた生徒は多くのことを学び取ったと思います。今後も積極的に支援してまいります。

【花壇ボランティア活動】
 花壇ボランティアは、月2回、土曜日の午前中に活動しております。校門前などのプランターや校舎横の花壇に四季折々の草花で彩るお手伝いをしながら、保護者間の親睦も深めています。ぜひ皆様も一度ご参加ください。活動のお知らせはPTAホームページに掲載しております。
 毎回、多くの保護者の方をはじめ、卒業生の保護者の方が参加され、活動を支援いただいていますことに、感謝申し上げます。

【仕事塾】
 生徒のキャリア教育の支援として、学校の全面的な協力をいただきながら、7月に高2生を対象に実施しました。次回、来年2月15日(土)の開催では、中3生を対象に実施します。


 後援会情報

福間 康洋 
 今年の増穂祭は、台風が近づくとの予報もあり、天候の心配をしながらの準備でしたが、当日はみんなの願いが届いたのか、文化祭日和となりました。我々後援会は、毎年恒例の“癒しの空間”を催しました。今年も、知名度のない後援会活動をいかに宣伝し啓蒙活動を行っていくのか、また、文化祭に参加している生徒や教職員、保護者の皆さんにいかに寛いでいただき、更には、来年受験予定の受験生やその保護者のみなさんに、芝柏の心地よさをこの空間で疑似体験していただけるよう、後援会一同一丸となって企画しました。それでも、呼び込みも大々的な広告活動もしない中、ご来店いただけるのかどうか不安でしたが、開祭の10時前から来店が始まり、用意していた珈琲、ジュース、お菓子は15時の閉祭を待たずして完売、大盛況をもって終え、その心配は徒労に終わることになりました。これは、前述のとおり、後援会のメンバーによる企画力もあったとは思いますが、それ以上に来てくださったみなさんに大変好評であった当校保護者の千代田様提供の特製ブレンド珈琲の味、また、多くのお菓子の消費に多大な貢献を見せてくれた芝柏在校生のみなさん、こっそり珈琲を飲みに来て下さった教職員のみなさん、学校関係者のみなさん、在校生の保護者のみなさん、卒業生のみなさんなど、いわば芝柏ファミリー総動員により、我々の“癒しの空間”を盛り上げてくださったことによるものだと思います。きっと、このよい雰囲気は、芝柏を目指しているみなさんにも十分に伝わったのではないかと思っています。本当に皆様ご協力ありがとうございました。年1度の開店ではありますが、来年もぜひお越しください。後援会一同“おもてなし”の精神をもって皆様のお越しをお待ち申し上げております。