文化祭を終えて

実行委員長  松本健太郎 
 みなさん文化祭お疲れ様でした。増穂賞を受賞した団体はじめ、皆さんの創意工夫して作り上げられた出し物はどれもすばらしかったです。
 僕もとても楽しかったですし、仲間とこんなにも大きいものを作り上げられるなんてこれ以上のワクワク感はありませんでした。ここから先、「芝柏の文化祭が面白い」といわれるのもそう遠いことではないと思います。
 また、この文化祭の裏方として活躍してくれた文化祭実行委員会の皆さんと先生方、本当にご協力ありがとうございました。裏方の皆さんの作ってくれた土台がしっかりしていたので、大きなハプニングも起きず無事に文化祭を終えられました。
 僕はこんな素敵な仲間に囲まれ素敵な文化祭の実行委員長としてやってこれてとても楽しかったです。
 さて、今度は今後に残していくために引継ぎ資料の作成です!今後も文化祭実行委員会をよろしくお願いします。
 中学増穂大賞

3年E組  椎野いろは・成川いちご 
 今回、中学増穂大賞がいただけて本当に嬉しく思います。私たちは、「国際」という学年テーマの中で「オリジナリティー」を出すことで勝負しました。最初は、なかなか案が出なかったのですが、話し合いを重ねるごとに積極的にアイデアを言い合える場になりました。そして、“推理ゲーム×プラネタリウム”をやると決め、増穂大賞をとることを目標にしました。一人一人が役割を果たし、細部にまでこだわりをもって準備しました。その頑張りが来てくださった方々に伝わり、1つのことをみんなで成し遂げることの大切さを学び、良い経験になりました。
 最後に、3年E組に足を運んできてくださった皆様、本当にありがとうございました。


 文化祭増穂大賞を受賞して

高校1年3組  福岡 紀元 
 文化祭で増穂大賞、CM大賞をいただきました、一年三組の福岡です。私たちの企画はリアル脱出ゲームでした。もとは料金が取るほど高クオリティなものですので、その期待に応えられるように、夏休み前から準備を重ねてきました。私達は様々な点でこだわりました。広角カメラを使用して、人間の見ている状態に近づけたり、もし自分がその状況に置かれたらを二週間ほどかけて話してから、撮影に入りました。また内装や、衣装などもよく見ると不安に感じるようにした結果私たち自身も企画を楽しめました。最後になりますが、この企画を手伝っていただいた方々、来場していただいた皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。



 個々の小さな力<1つの大きな力

実行委員長  小野 元気 
 今年も様々な方の協力があって良い運動会にすることができました。感謝しています。また、人工芝になって初めての運動会を大きな怪我なしで終えることができて良かったです。勝敗を分けたのは応援合戦、綱引き、リレーなど大量得点がとれる団体競技を勝ちぬいた全員の集中力だったと思います。
 今年の応援は、どの色も先輩たちの伝統を受け継ぎつつ、例年に比べてオリジナリティーを出していたと思います。中間発表をした時はどうなるかと思いましたが、それを機に全色のやる気スイッチがONになりました。その結果、それぞれ個性のある良い応援をすることができたと思います。
 どの色も一つの目標に向かって全力で突き進み、笑ったり、泣いたりしている皆の姿を見て、僕自身、芝柏に来て良かったと本気で思いました。戦い抜いた仲間、ライバル達の手を強く握りしめ、一人ずつと握手をしたい気持ちでいっぱいです。
 後輩たちは、これからもずっと最高な運動会を作り上げていってください。
 1つになることができたクラス。合唱祭も皆で良いものにしましょう!
 運動会の勝ち方

優勝応援団長 3年E組 田中 勇多 
 今年度は、3学年5クラス化かつ人工芝での初年度の運動会となりました。この記念すべき大会で優勝することができ、とてもうれしく思います。
 今回、緑組は、応援合戦で新たなものにチャレンジし、他色と違いを生み出すことを考えました。その過程では、皆で意見を出し合い、ぶつかり合い、コミュニケーションをとることでよりよいものをつくることができたと思います。それにより、他の競技においても、緑組全体として良い結果を得ることができました。
 僕自身、この運動会の団長という役をいただき、リーダーの大切さ、大変さを学ぶことができました。
 最後に、この運動会を運営するにあたり、準備等してくださった先生方、運動会実行委員、体育係に感謝いたします。また、共に戦い、最高のゲームをしてくれた他色の皆にも感謝します。
 中学校運動会

三輪 剛史 
 2つの台風の迷走により翌日への順延開催となりました。当日は素晴らしい天候に恵まれ、今年完成した人工芝グラウンドがきれいに映え、たくさんの保護者の皆様の声援の中、生徒は全力で各種目に臨みました。今年より5クラス5色の対抗戦となり、それぞれの種目で応援が盛り上がりました。保護者参加の玉入れも初めて実施され、各色への総合得点に加算されました。昨年末より5月までの人工芝設置期間は、生徒の皆さんにも部活動等で不便をかけました。現在ではこのように気持ち良く、思い切り運動する姿を見ることができ、多方面の皆様に感謝するとともに、良い状態を維持できるよう大事に使っていきたいと思っております。