地区大会の結果と校内公演

松本照子・井上教子・中嶋眞子 
 高校演劇部は、今年度地区大会において「ひきなかへしそ〜悲哀白虎五人男〜」を上演し、優秀賞及び照明効果賞を受賞した。白虎隊と現代の若者をクロスさせた迫真の演技に高評価を頂いた。しかし、文化祭と大会が同日だったため、校内で10月25日に公演を実施した。



 日本学生科学賞入賞

須田 博貴 
 高校科学部の田佳明君、川口駿君、土田誠君の3名が、平成25年度千葉県児童生徒・教職員科学作品展の科学論文の部に「水素爆発を防ぐために」という論文を投稿したところ、千葉県全域から集まった10000点を超える応募作品の中で、見事優良賞に輝きました。(あわせて日本学生科学賞優秀賞もいただきました。)水素と酸素の混合気体を封入した透明の塩ビチューブに二酸化炭素を加えて点火する実験を行った結果、入れないときと比べて爆轟範囲が狭くなるということが分かりました。今後は数値シミュレーションの結果等と比較しながら、さらに研究を進めていこうと考えています。


 中高吹奏楽部活動の報告

松本美幸・坂倉弘子・太田朋子・岩瀬健人 
 7月に行われたコンクールでは高校が「眩い星座になるために」を演奏して金賞を、中学が「くるみ割り人形より3つのダンスメドレー」を演奏して銀賞を受賞しました。続く文化祭では中高合同の「ブラジル」等練習の成果を発揮して演奏することができました。10月22日に行われた市内発表会では、中学生がコンクール曲を演奏し、11月4日に行われた芝浦工業大学創立記念式典では高校生が豊洲校舎にて学園歌等を演奏しました。11月17日のアンサンブルコンクールでは、高校の部で打楽器四重奏が金賞を、金管八重奏、サクスフォーン四重奏が銀賞を受賞しました。同じく中学の部では木管六重奏が銀賞を受賞しました。
 現在は来年4月27日の定期演奏会(本校にて実施)に向けて準備をしています。

 水泳部関東大会・全国大会報告

三輪 剛史 
【中学女子】『全国ジュニアオリンピック水球大会出場』決勝トーナメントでは神奈川・横浜サクラSSに惜敗し、ベスト8入りはなりませんでした。

【高校男子】『県総体準優勝・関東高校水球大会出場』3回目出場の関東大会では、福間キャプテン他3年生の活躍で東京・城北高校に競り勝ち、2年連続のベスト8となりました。

【高校女子】『県総体3連覇、全国ジュニアオリンピック水球大会出場』3年連続4回目の出場となった全国大会では強豪、京都・鴨沂クラブに序盤リードするも、残念ながら敗退となりました。



 昇段審査と総体に向けて

剣道部2年  菅野 大智 
 芝柏高校剣道部は男女合わせて19名で、放課後小体育館で活動をしています。今年の8月7日に昇段審査が行われました。筆記試験と実技審査が行われ、実技審査では実際に試合をして審査をしました。三段の審査では、同じ地区の関東大会出場校もいましたが白井、菅野、西川の三人が受かり、その他の段のほとんどの部員も昇段することができました。来年の5月には剣道総合体育大会があり、2年生は最後の試合なので少しでも良い結果が残せるように練習をしています。去年は県大会に行けなかったので、今年は県大会ベスト16を目標にしました。総体までの時間は少ないですが悔いの残らないように頑張りたいと思います。