九十九里自学自習研修を実施
宮嶋 祐一 
 去る5月16、17日に、1泊2日で九十九里に自学自習研修を実施しました。昨年度までは坂東ウォークとして、中入生と高入生の交流を深めることを目的として行われていた研修を、今年度から全面的に見直して、学習活動中心の研修となりました。
 到着後、大ホールで生徒全員に研修の意義を話し、昼食をとって午後から本格的に研修をスタート。中入生は大ホールで学習スキルアップ講座として、早川進路部長から効果的な学習の進め方や、具体的に暗記する方法、ノートの活用などに関する講義を受けました。
 一方高入生は、2つに分かれて今年度総合学習で取り組む自分史について調べ、別のグループは将来の進路や興味ある学部・学科を調べる夢ナビに取り組み、途中で入れ替えを行いました。 夕食後は、今度は高入生が早川先生の講義、中入生が自分史と夢ナビに取り組みました。
 2日目は、まず朝一番で昨日講義で具体的に暗記法をやった英語と世界史の確認テストを実施。次に事前にとったアンケートをもとに、中入生と高入生を混ぜて興味・関心別に座談会を行いました。これは、今後総合学習で取り組むシンククエストのチーム作りに活かすために行いました。
 これで、座学関係の講座は終了。最後にクラス対抗の綱引き大会を行い、大いに盛り上がって研修は終了となりました。
 何もかも初めての企画で、また、学習主体の研修となり、生徒も教員も大変な研修でしたが、学習活動への意識づけと、そして座談会などを通して生徒同士の交流も図れたと思います。この経験を生徒も教員も今後活かしていきたいと思います。

 「オーストラリア海外研修」報告
高杉 峯樹 
 高校2年生では6月19日〜6月26日の日程で先発後発の2隊に分かれてオーストラリア海外研修が行われました。リディーマー校との交流を中心としながら、オーストラリアの動物や自然観察、モートン島での体験を通して世界の環境問題と自らの日常、社会への貢献を考えることを目的として行われたものです。
 具体的なメニューとしては、コアラやカンガルーに親しんでオーストラリア風ランチを食べたローンパインコアラサンクチャリー、風光明媚なゴールドコーストのサーファーズパラダイスでの散策と夕食、砂の島モートン島でのデザートサファリとイルカの餌付け体験、地質学や海洋環境学の講義、ブッシュウォークやバックヤードT、ブリスベンにあるクイーンズランド大学での海洋学とモートンベイ講義、キャンパスツアー、班別のブリスベン市内散策、シドニーのオペラハウスからの班別の市内散策などを行いました。
 またリディーマー校では、国歌斉唱や学校代表スピーチがあったオープニングセレモニーの後、剣玉・だるま・凧・うちわ・わらじ・福笑い・書道・紙相撲・切絵・お手玉・折紙という日本の遊びを英語で紹介して一緒に遊んだ文化交流、サッカー・バスケット・ドッジボール・バレー・アルティメットで遊んだスポーツ交流を行い、それぞれの学校の班別に分かれたグループでバーベキューを食べた後、フェアウェルセレモニーとしてソーラン節、震災復興プレゼン、生徒代表スピーチを行ってリディーマー校の生徒たちと別れて来ました。
 生徒たちが異文化に触れて国際標準のマナーを身につけ、自己の世界観を広げる契機になればと願っています。

 大学見学会
中村  圭 
 高校3年生では、5月15日、16日の2日間で大学見学会が行われました。この行事は、各自で志望大学あるいは芝浦工業大学の研究室見学におもむき、雰囲気や学科の様子を確認するとともに、モチベーションを高めることを目的に実施されたものです。
 生徒達は、事前に自分の見学する大学を考え計画表にまとめ、見学先を訪れました。1日に複数の大学やキャンパスを見学した生徒も多くいました。大学見学を終えた生徒達からは「大学の雰囲気がよくわかった。」「賢そうな大学生が多く、自分もこの大学で学びたいという気持ちが強くなった。」などの感想が聞かれ、充実した大学見学会となった様です。
 また、理系の生徒の多くは、芝浦工業大学を大学見学先に選びました。この芝浦工業大学の見学会は、他大学と異なり、15日は大宮キャンパス、16日は豊洲キャンパスで研究室見学会と称して行われました。
 当日は、両日ともに、まず始めに参加生徒全員に対し、大学の入試課の方より当日のスケジュール等の説明をしていただき、その全体説明の後、生徒達はグループ単位で工学部またはシステム理工学部の4研究室を見学しました。各研究室では、先生もしくは院生、学部生より研究内容の説明をしていただきました。質疑応答も含め、1研究室あたりの見学時間は約20分と短い時間でしたが、どの研究室でも研究室の特徴を分かりやすく説明していただき、さらに、実験体験や実験器具に触れる機会も設けてくれた研究室もあり、参加した生徒にとって非常に満足度の高い見学会となりました。
 この大学見学会を終え、自分の志す大学が確定した生徒も多く、3年生は今、受験生として本格的に受験勉強に取り組んでいます。生徒達には、「第一志望校は絶対に譲らない。」という、強い意志を持ちながら、この夏を過ごしてほしいと思います。