心肺蘇生法の手順

堀端 慎一 
 本校では、毎年、教職員向けにAED(自動体外除細動器)講習会を行っています。今年度は6月5日(火)に行いました。AEDとは自動的に心電図解析を行い、必要であれば体に電気ショックを与えて心室細動を取り除くものです。日本では2004年から一般市民でも使用できるようになり、デパートや駅などに設置されています。
 心肺蘇生法の手順も従来1.気道確保→2.人工呼吸→3.胸骨圧迫から1.胸骨圧迫→2.気道確保→3.人工呼吸に変更されています。人工呼吸に関しては省略も可能です。本校生徒は高校1年後期に保健の授業で学習します。高校2・3年生の保護者の方、是非、お子さんに方法を伺ってください。
 食選力をつけよう!

小暮 真弓 
 今年度の中学「安全の日」のは、日々の食生活を見直すことで健康の大切さを考える機会を設ける目的で、「ちば食育ボランティア」、「野菜ソムリエ」などとして活躍しておられる、南谷志保先生に講演をお願いしました。
 講演の中では、勉強を頑張るためには朝食、できればパンではなくご飯をよく噛んで食べることが大切であること、部活を頑張るためには、体を作り、体力を維持するために、バランスのよい食事が欠かせないことを話してくださいました。
 また成長期にある中学生には鉄やカルシウム、色の濃い野菜や果物が重要であること、脂肪と糖分の取りすぎに注意し、間食にはバナナがよいという話など、有益な情報がたくさんありました。質問もたくさん出され、活発なやりとりのある講演会でした。

 美化活動の効果

赤尾 玲奈 
 6月8日に毎年恒例の地域清掃が行われました。昨年までは全校生徒で取り組んでいましたが、生徒数が年々増加していることから本年度より中学と高校を前期・後期に分けて行うことになり、今回は中学生のみの実施となりました。学校周りの歩道や新柏駅周辺など、どのクラスも積極的に分担された区域の清掃にあたっていました。当日は天気も良く、中間試験の最終日ということもあり生徒達の良い気分転換にもなったようです。
 また、こうした学校行事で本校の緑豊かな自然と触れ合ったり、美化活動を通して地域との関わりを持つことは生徒の愛校心を育むことにもつながっていると思います。そういった教育意義も含まれている行事のひとつであると考え、美化委員会としてこれからも継続して取り組んでいきたいです。協力してくださった先生方、そして生徒のみなさんお疲れ様でした!
 推薦図書紹介

江森  清 
 図書推薦委員会よりテーマ展示第二弾自学自習研修でも紹介されたマインドマップを中心に紹介されています。
 関連のノート術系の本、さらに今、東大生や京大生に読まれている滝本哲史の著作も取り寄せています。学習アップに読まなきゃ損!

【ご誕生】
 須田博貴先生
 次男 悠太くん
 平成24年5月11日生
 おめでとうございます
 早いもので今年も半分が過ぎ去りました。
 また今年も暑い夏がやってこようとしています。
 私も今年はマレーシアへ同行し、異国の地で生徒の成長を間近に感じることができました。
 季節の移ろいとともに成長する彼らと一緒に、自分もまだまだ成長していきたいものです。