PTA文化講演会報告

文化委員長  岩井 晴美
 11月5日(土)、ジャーナリストの江川紹子氏を招き「今日よりもよい明日のために 〜3.11後の日本〜」という演題でお話し頂きました。相次ぐ天災や原発事故など、衝撃的なニュースが溢れる先行き不透明な時代に、多感な中高校生の保護者としてどのように子育てし、生きていけばよいのかというテーマに対し、より多くの情報から判断することの重要性、最近取材された村木厚子氏の拘留中の逸話を中心に、他者への思いやりや日常の中に小さな楽しみを見つけることの意義など、見落としがちな生きるための工夫が紹介され共感を呼びました。講演会開催にご尽力頂いた皆様に感謝申し上げます。
 日本生物学オリンピック本選出場

奥田 宏志
 SSC(芝浦サイエンスクラス)では、希望者が理科・数学を集中して学ぶプログラムを展開しており、その中で毎年科学オリンピック予選への参加を積極的に支援しています。今年高校3年生の石井隆君が日本生物学オリンピック予選に参加し、2,453人中75位(上位5%)となり優秀賞を獲得し全国大会となる本選への切符を獲得しました。
そして8月に広島大学で行われた本選では、難易度の高い実技試験に挑戦し敢闘賞を受賞しました。本校から本選に出場した生徒は石井君で2人目ですが、今後、世界大会へ出場する日本代表選手がでるようにさらなる指導を継続して行いたいと思います。

 今年の芸術鑑賞会

安田 勅男
 11月2日(水)、東京オペラシティーで行われた鑑賞会はクラシックコンサートであった。指揮は新進気鋭の川瀬賢太郎氏、オーケストラは東京フィルハーモニー、ピアノ仲道郁代さん、司会は青島広志氏という豪華な顔ぶれ。ベルリオーズの幻想交響曲の決然とした指揮ぶり、リストのピアノ協奏曲1番の超絶技巧、円熟の司会ぶり、どれをとっても素晴らしかったが、今回の趣向のポイントは体験コーナーである。希望者に指揮とオルガンの体験をしてもらった。
 指揮は3人登壇し驚きや笑いを誘っていた。オルガンは1人であったが、めったに体験できないこともあり、驚愕のどよめきが上がった。大変有意義な1日を過ごせた。
 サイバー犯罪講演会

野村 春路
 11月19日(土)、中学ワールドデーの時間帯を使い、千葉県警本部サイバー犯罪対策室の石渡基晴さんを講師にお招きして、中学生対象に「ネット社会における犯罪について」と題した講演会を開催した。内容としては不当料金請求、ネットいじめ(誹謗中傷)、迷惑メール、著作権侵害、不正アクセスについて、刑事事件となった具体的事例を挙げて、加害者・被害者の両面からネット社会の恐ろしさを話していただいた。
 最後に心構えとして、インターネットは公共の場であるので、警戒心を持つこと、また不用意な書き込みをすれば警察がすぐ捜査に乗り出し検挙することを述べられた。

 生徒作品

松本 照子


3−6 佐藤 航平

 昨年度、書道選択の授業で書いたものです。余白とのバランスに優れ、個性的な線が素晴らしい作品です。
【ご結婚】
H23年11月11日
堀井 美穂先生
 永田さん

【ご出産】
H23年11月13日
堀端 慎一先生
 美咲ちゃん
H23年11月16日
山川 恵己さん(職員)
 楓ちゃん

 いろいろなことがありましたが、あと数日で激動の2011年が終わろうとしています。今年は皆様にとって忘れられない、忘れてはならない1年になったのではないでしょうか。2012年がきっと良い年でありますように。