シ ン ク ク エ ス ト

 2011年第13回ThinkQuest JAPAN受賞

丸山 広光
 2月26日(土)東京・青山の日本オラクルにて、ファイナリストプレゼンテーションが実施され本校の中学・高校は下記の賞を受賞しました。なおプラチナ賞・総務大臣賞には1人1台のミニノートパソコンが贈呈されています。
▼中学生の部▼
ー金賞ー
 「鳥と植物の関係」 築比地・岸川・山崎・黒崎

ー銀賞ー
 「南アジアの旅」  後藤・建石・手島
 「THE・家電」   齋藤・伊藤・岡野・正田

▼高校生の部▼
ープラチナ賞・総務大臣賞ー
  「災害信書」   重田・新井・太田・戸枝・渡会

ー銀賞ー
 「でんきはどうやってつくるの」
           野崎・美王・浅野・白瀬
 「日本と世界の企業発展」
           岩田・高橋・豊田・村田

 プラチナ賞受賞・総務大臣賞受賞

「災害信書」     重田 桂子
 昨年度、私たちのチームは第13回ThinkQuest JAPAN に参加し、プラチナ賞と総務大臣賞を受賞しました。ホームページを作成するにあたって、たくさんの時間を話し合いに割いたり、体験動画撮影のために全員で防災センターへ行ったりと大変なことが多かったです。メンバーの中には、新しくクイズ作りのために1から技術を練習した人がいたり、必死で文章を英訳した人やたくさんの情報を集めた人もいました。
 メンバー全員が協力して、全力で作り上げた作品が評価していただけてとてもうれしく思っています。作成期間中は何度も壁に出会ってその度手一杯でしたが、今振り返ると1人1人が真剣に取り組めたとても充実した時間でした。
 今後も今回得た充実感と達成感を忘れずに頑張りたいと思います。

 シンククエスト金賞を受賞して

「鳥と植物の関係」  岸川 大航
 僕たちは去年の第13回ThinkQuestにて金賞を受賞させていただきました。受賞の知らせを聞いたときは信じられませんでしたが、とても喜んだことを覚えています。授賞式会場に来たとき、初めてそれが現実のものとして感じられました。
 作品においては、資料調べや、ページの仕組み等苦労してやった甲斐があると思いました。班員ひとりひとりのスキルを最大限生かした結果だと思っています。最後のプレゼンテーションの時に、もう少したくさんの質問をあらかじめ考えておいたほうが良かったかな、とも思いました。反面、連絡がうまくいかなかったり、作品の調整がしにくい場面もありました。
 今年のThinkQuestは、こうした点を念頭に置いてさらに良い作品の作成を目指そうと思います。