古文形容詞と形容動詞の活用

現代語を古語に直す ク活用とシク段活用 形容動詞の活用
形容詞応用問題へ 形容動詞確認問題

現代語を古語に直す

 現代語では形容詞は「〜い」で終わるものです。古語では、「〜し」で終わります。それでは次の順序で考えてみてください。

1 現代語をイメージする。
2 現代語で、「〜い」で終わるものか、「〜しい」で終わるものかを見分ける。
3 「〜い」で終わるもの(例:白い、重い、辛い、憎い、など)はそのまま、「〜い」を「〜し」に変える。
4 「〜しい」で終わるもの(例:うつくしい、かなしい、さびしい、たのしい、など)は、ただ、「い」をとる。
5 「〜い」のパターンをク活用、「〜しい」のパターンをシク活用という。

現代語 終わりは? 「い」を「し」に 「い」をとる 古語 活用
白い 白し 白し
楽しい しい 楽し 楽し シク
騒がしい しい 騒がし 騒がし シク
憎い

憎し

憎し
辛い 辛し 辛し
古い 古し 古し
惜しい しい 惜し 惜し シク
美しい しい うつくし うつくし シク

確認問題
戻る

ク活用とシク活用

 ここまでに示したように、

現代語が「〜い」の形→ク活用 例:白い、重い、辛い、憎い、など。
現代語が「〜しい」の形→シク活用  例:うつくしい、かなしい、さびしい、たのしい、など。

 それぞれを活用させていきます。語の前後に、変わる理由があるので、形が変わる、形が変わること、それが活用でしたね。動詞と同じように、まず、変わる理由(次の表の2行目)を覚えてください。それを、覚えてしまえば、感覚で出来るはずです。その際、動詞とは少し違う形で覚えるのがコツです。

では、まず、ク活用からです。名前が示すとおり「ク」から活用していきます。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由

こと

白し 白くば 白くて 白し 白きこと 白けれど
重し 重くば 重くて 重し 重きこと 重ければ
辛し 辛くば 辛くて 辛し 辛きこと 辛けれど

「ば」「て」などは、形容詞自体ではありませんので、注意してください。これはやりやすい代表的なものを選んだだけであって、もっと他にもたくさんの語がつきます。

さて、動詞であった、「ず」などがありませんね。形容詞はもうひとつの活用を持っています。それは以下のものです。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由

こと

白し 白からば 白かりて 白し 白かること 白かれ
重し 重からず 重かりて 重し 重かること 重かれ
辛し 辛からず 辛かりて 辛し 辛かること

辛かれ

以上の二つが活用となります。こちらを「カリ活用」と呼ぶこともあります。

確認問題

では次はシク活用です。付けるものは変わりませんので、同じようにやってみましょう。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由

こと

うつくし うつくしくば うつくしくて うつくし うつくしきこと うつくしけれど
かなし かなしくば かなしくて かなし かなしきこと かなしければ
うるはし うるはしくば うるはしくて うるはし うるはしきこと うるはしけれど

同じくカリ活用。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由

こと

うつくし うつくしからず うつくしかりて うつくし うつくしかること うつくしかれ
かなし かなしからず かなしかりて かなし かなしかること かなしかれ
うるはし うるはしからず うるはしかりて うるはし うるはしかること

うるはしかれ

基本的には変わらないのですが、終止形が、「うつくし」なので、どうしても語幹を「うつく」と考えなければなりません。なので、「シク」と活用するわけです。

確認問題
応用問題

戻る

形容動詞の活用

 次に形容動詞の活用です。現代語では、「〜だ」で終わりますが、古文では「〜なり」で終わります。「に」「あり」のつながったものですね。現代語の「〜だ」を、そのまま「〜なり」に直すだけでいいのですが、古文独特の語彙が多いので、現代語の感覚が通じにくいところかもしれません。

「〜なり」と「〜に」

の2つだけ注意すれば結構です。活用は「なり」ですから、ラ変と同じ活用です。

ナリ活用

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由



けり
こと

ども
静かなり 静かならず 静かなりて
静かに
静かなり 静かなること 静かなれど 静かなれ

確認問題

 もうひとつが、「〜たり」で終わるものです。これも「て」「あり」がつながったものと考えます。

「〜たり」と「〜と」

の2つだけに注意すれば結構です。

タリ活用

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
理由



けり
こと

ども
堂々たり 堂々たらず 堂々たりて
堂々と
堂々たり 堂々たること 堂々たれど 堂々たれ

確認問題

戻る