古文動詞の活用

現代語を古語に直す 仮名遣いについて 四段活用と二段活用 一段活用と変格活用 係結び
基本確認問題へ
 応用問題1へ 応用問題2へ

現代語を古語に直す

 古文を勉強する前に、現代語と古語の違いを知りましょう。
 動詞とは「u」 の音で終わるものですね。それは、原則として古語では変わりません。古語に直すかどうかは、次の順序で考えてみてください。

1 現代語をイメージする。
2 現代語が「〜る」で終わらないもの(例:咲く)、「〜る」でおわっても、「ない」を付けたときに、「a」になるもの(例:走る「走らない」)は現代語と同じになる。
3 現代語が「〜る」でおわり、「ない」をつけると「i」または「e」音になる(例:過ぎる「過ぎない」、流れる「流れない」)ものは、現代語と形が違うので次の4にすすむ。
4 現代語の「る」をとって、上の音を「u」音に変える。(例:流れる→流れ→流る)
5 現代語と同じパターンを四段活用、違うパターンを二段活用という。  「i」の時は上二段、「e」の時は下二段と言う。

現代語 「る」で終わるか? 「ない」を付けると? 「る」をとる 「u」音に変える 古語 活用
咲く × 咲く 四段
流れる eない 流れ 流る 流る 下二段
やめる eない やめ やむ やむ 下二段
走る aない 走る 四段
過ぎる iない 過ぎ 過ぐ 過ぐ 上二段
聞く × 聞く 四段
寝る eない 下二段
眠る aない 眠る 四段

戻る

仮名遣いについて 戻る

 上の作業をやる際に注意すべきことがあります。仮名遣いが現代語と古語では違うということです。上の作業をやる際に、仮名遣いを変えて行う必要があります。それでは、次のことを覚えてください。

1 ハ行の見極め

現代語で、「言う」など、終止形が「〜う」で終わる語の中で、「ない」をつけた時、「わない(言わない)」の形になるものは、古語ではハ行になります。

例:言う→言ふ、歌う→歌ふ、など

2 ザ行とダ行

現代語ではザ行に活用するものが、古語ではダ行に活用するものがあります。

例:閉じる→閉づ(閉ぢ)、恥じる→恥づ(恥ぢ)、など

3 ア行、ヤ行、ワ行の見極め

現代語では表記が同じようになっていても、古語では、ア、ヤ、ワ行の見極めをしなければいけません。
まず、次の表を見てください。

※ワ行のひらがなは、「わ、ゐ、う、ゑ、を」

上の表のようにア行とヤ行、ア行とワ行では、共通点があります。その際、以下の点に気をつけてください。

ア行活用は、古語では「得(う)」だけである
※現代語が「得る」なので、「る」 をとって、「u」に変える。

つまり、古語では、「う」とくれば、ワ行、「い」「え」とくれば、ヤ行と考えて、間違いありません。

現代語 「る」で終わるか? 「ない」を付けると? 「る」をとる 「u」音に変える 活用
見える eない 見え 見ゆ 下二段
覚える eない 覚え 覚ゆ 下二段
悔いる iない 悔い 悔ゆ 上二段
消える aない 消え 消ゆ 下二段

 上の表はヤ行活用です。古語では、この活用が多いのでしっかり覚えておきましょう。
 ワ行活用は、古語で「飢う」などです。現代語からは見分けがしにくいのですが、古文の文中では、「飢う」、「飢ゑて」など、見た目が分かりやすい形で出てきますので、 知っていれば大丈夫です。

確認問題 戻る

四段活用と二段活用 戻る

 ここまでに示したように、

現代語と同じ形→四段活用 例:咲く、言ふ、聞く、打つ、走る、など。
違う形→二段活用  例:流る、過ぐ、見ゆ、ぬ、など。

確認問題

 それぞれを活用させていきます。語の前後に、変わる理由があるので、形が変わるのです。形が変わること、それが活用です。ですから、まず、変わる理由(次の表の2行目)を覚えてください。それを、覚えてしまえば、感覚で出来る人が大部分ではないでしょうか。

では、まず、四段活用からです。見て分かる通り、aiueと四つの段に活用するので、四段と言います。活用の行は、そのaiueと変化する行のことです。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
咲く 咲かず 咲きて 咲く 咲くこと 咲けど 咲け
言ふ 言はむ 言ひけり 言ふ 言ふを 言へども 言へ
走る 走らず 走りて 走る 走ること 走れど 走れ
打つ 打たむ 打ちけり 打つ 打つを 打てども 打て
指す 指さず 指して 指す 指すこと 指せど 指せ

「ず」「て」などは、動詞自体ではありませんので、注意してください。また、二つ書いてありますが、どちらでも構いません。ただし、これはやりやすい代表的なものを選んだだけであって、もっと他にもたくさんの語がつきます。

確認問題

では次は二段活用です。付けるものは変わりませんので、同じようにやってみましょう。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
流る 流れず 流れて 流る 流るること 流るれど 流れよ ラ下二
過ぐ 過ぎむ 過ぎけり 過ぐ 過ぐるを 過ぐれども 過ぎよ カ上二
見ゆ 見えず 見えて 見ゆ 見ゆること 見ゆれど 見えよ ヤ下二
ねず ねけり ぬるを ぬれども ねよ ナ下二
閉づ 閉ぢず 閉ぢて 閉づ 閉づること 閉づれど 閉ぢよ タ上二

二段活用は「e、e、u、uる、uれ、eよ」と活用します。二段活用でのポイントは終止形以降です。終止形を現代語風に「過ぎる」としたり、連体形を「過ぎること」としたりしないよう、注意しましょう。

確認問題

戻る

一段活用と変格活用 戻る

 最後に一段活用と変格活用です。これらは、例外ですので、英語の不規則活用と同じで、動詞そのものを覚えなければいけません。そのつもりで挑んでください。

上一段活用

きる(着)、みる(見)、にる(似、煮)、いる(射、鋳)、ゐる(居)、ひる(干)、など、「君にイヒ!」

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
見る みず みて みる みること みれど みよ
着る きむ きけり きる きるを きれども きよ
ひる ひず ひて ひる ひること ひれど ひよ

ポイントは、終止、連体、已然。上二と同じようですが、一段でそのままいきます。現代語の感覚に近いので、上一段の動詞を覚えればおしまいです。「見る」で活用になれて、「ひる(乾くの意)」を使いこなせるようにしましょう。よく出ます。

確認問題

下一段活用

ける(蹴)、のみ。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
ける けず けて ける けること けれど けよ

多少違和感がありますが、上一段と同じと同じと覚えてくれれば、大丈夫です。上一段に合わせるようにしましょう。

確認問題

カ行変格活用

来(く)、のみ。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
こず きて、
※来し方、は「こ」と読む
く。 くること くれど こよ

変則なのは、未然です。でも、現代語と一緒ですから、さほど違和感はないですね。連用形は、「き」ですが、過去をあらわす助動詞「き」と組み合わさる時に、「こ」と読むことがあります。

確認問題

サ行変格活用

す、など。「勉強す」「報ず」など、〜す、という形のみです。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
せず して す。 すること すれど せよ

変則なのは同じく、未然、連用です。ここがおかしいのですが、現代語と同じなのでこれも大丈夫でしょう。

確認問題

ラ行変格活用

あり、をり、はべり、いまそかり(いますかり)、の4つ

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
あり あらず ありて あり。 あること あれど あれ

ほとんど、四段活用なので、違和感がありません。問題は、終止形。動詞なのに、なぜか「i」音で終わっています。だから、「あり、をり、はべり、いまそかり」を覚えた時点で、ラ変はパーフェクト!!

確認問題

ナ行変格活用

死ぬ、いぬ(往ぬ、去ぬ)の二つ。

元の形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の行
理由



けり
こと

ども
 
死ぬ しなず しにて しぬ。 しぬること しぬれど しね

途中までは、四段なのですが、連体形、已然形と二段型になります。「変格活用なのだから…」と考えれば、なんとかなりそうです。活用は「死ぬ」で覚えておきますが、実際は「往ぬ、去ぬ」の方がよく出るので注意。

確認問題
応用問題1  戻る

係結び 戻る

 最後に係結びです。今まで、活用を、下につける語句でやってきましたが、もうひとつ、上に来る語句で変わる場合を練習しましょう。

花咲く 花や咲く
水流る 水や流るる

 これは疑問文の例です。「や」という語が来ることによって、文末が連体形になります。この「や」にあたるものを係助詞といいます。以下の表の通りになります。

係助詞 意味 結び 花咲く/水流る 意味
疑問 連体 花や咲く 花が咲くか。
水や流るる 水が流れるか。
いづくにか花咲く どこに花が咲くか。
いづくにか水流るる どこに水が流れるか。
強調 花ぞ咲く 花こそが咲く。
水ぞ流るる 水こそが流れる。
なむ 花なむ咲く 花こそが咲く。
水なむ流るる 水こそが流れる。
こそ 已然 花こそ咲け 花こそが咲く。
水こそ流るれ 水こそが流れる。

「や」「か」は疑問文を作ります。これは大変重要なことです。絶対に忘れないでください

疑問文と普通の文が見分けられないと、否定文と肯定文が分からないことになってしまうのです。
「わかりましたか?」

やさしく言っていれば、これは、ただの疑問文です。
でも、厳しかったら、「分かっていないでしょう」という意味です。だからとても大切なのです。これを反語といいます。疑問と反語の区別は、文中で行うしかありませんが、強調の「は」がくっついた、「やは」「かは」は、反語になる確率が高いです。

疑問の「か」は英語で言う5W1Hの疑問文に使われることが多いですが、現代語がそうであるように、普通の疑問文にも使われます。

応用問題2 応用問題3 係結びのページへ
戻る