グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 進路指導  > 2019年度進学実績のまとめ

2019年度進学実績のまとめ


2019年度入試大学合格実績

東京大学3名、東京工業大学2名 現役合格!
千葉大学医学部医学科、東北大学、九州大学に各1名合格、国公立大学に合計48名合格!

2019年度は、高校グローバル・サイエンスクラス2期生の卒業となる年度でした。東京大学は、理Ⅰに2名、理Ⅱに1名、計3名合格。また、東京工業大学に2名の合格が出ました。このほか、国公立大学は東北大、九州大で各1名、筑波大2名、千葉大11名(医学部含む)、首都大学東京4名など、計48名(現役40名)の合格となっています。

単なる特進ではなく、研究者育成につながる目的でスタートしているグローバルサイエンスクラスですが、今年度は東京大学(理Ⅰ、理Ⅱ)や東京工業大学の合格など理系最難関大学の合格が増えました。また、九州大や筑波大学、千葉大をはじめ、ジェネラルラーニングクラスからも多くの国公立大合格者が出ています。

また、国公立・早慶上理・GMARCHに一校以上の合格率は49%と約半数の生徒は、GMARCH以上の大学に現役で合格しています。